2006年5月 2日 (火)

ウリ党代表竹島上陸!!

4月、日本と韓国の間で、海域の調査をめぐって争いとなった竹島に1日、韓国の与党代表が電撃的に上陸した
竹島に上陸したのは、韓国与党ウリ党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)議長で、1日午前、警察の
ヘリコプターで竹島入りした
韓国では、月末に統一地方選挙を控えているが、与党の劣勢が伝えられていて、国民の大多数が支持する竹島問題の強行姿勢で、挽回(ばんかい)を図る狙いがあるとみられる。
ウリ党はこれにあわせて
「独島(ドクト)を守る3原則」を発表し、「われわれの土地へのどのような挑発にも断固として対応する」とした。
鄭議長は、島根県が定めた「竹島の日」の前後にも上陸を計画していたが、天候悪化などを理由に延期していた。(FNN)

「独島(ドクト)を守る3原則」ワロタwwww。

これも日本の「非核三原則」のパクリですか?

てゆーか後先何も考えてないですね。別に100年先のことまで考える大政治家になれとは言いませんが、せめて数年先ぐらいのことは考えてほしいです。

選挙のためとは言え「今がよければそれでいい」という韓国テイストを遺憾なく発揮してますね。

2006年4月27日 (木)

【竹島】やっぱり韓国は手のひら返した【合意】

日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺の海底地名変更について、韓国の柳明桓外交通商第1次官は26日、国会で、先の日韓外務次官会談で6月にドイツで行われる国際会議での提案見送りまでは合意していないとの認識を示し、準備が整えば提案も可能との考えを明らかにした。

日本側は、会談で日本が竹島周辺での海洋調査計画を中止する代わり、韓国側が6月の提案を見送ることで合意したと発表したが、韓国側は韓国式名称への変更提案を「適切な時期に行う」との立場を表明していた。柳次官の発言により、合意をめぐる日韓の解釈の違いが浮き彫りになった。

盧武鉉大統領が25日の特別談話で地名変更を「当然の権利」と強調したことを受け、韓国側が「日本側の要求で譲歩しない」との原則を示したものだが、6月提案は準備不足により実現は難しい状況だ。(茨城新聞)

やっぱり約束守るつもりなんかありませんでしたね。まあ分かってはいましたが、こうも早いとは思いもよりませんでした。それにしても、あまりにくだらない言い訳に、開いた口がふさがりません。一体、これが国家を背負って立つ者の言う言葉でしょうか?

これに対して、日本側は当然断固たる対応をしなくてはなりませんね。具体的には、もう一度調査船を竹島に送り込むということです。

「別にそんなことしなくてもどうせ通りゃしないだろ?」と思う人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。ただでさえ韓国側は竹島を実効支配しているのです。韓国の案が通るか通らないかなど関係ありません。本気で竹島を守る気があるのなら、日本は武力以外の部分で厳しい対応をしていかなければならないのです。

それにしても、この記事の扱いが日本のメディアですごく小さいのはなんで?

2006年4月26日 (水)

廬武鉉大統領特別談話

韓国の盧武鉉大統領の25日の特別談話の要旨は次の通り。

一、独島(日本名・竹島)は単にわが国の土地というだけでなく、日本の朝鮮半島侵奪過程で最も早く奪われた、特別な意味を持つものだ。韓国民には独島は完全な主権回復の象徴だ。

一、今日本が独島の権利を主張することは侵略戦争での占領地の権利、過去の植民地の領土の権利を主張するもの。韓国の解放と独立を否定し、日本が過去に行った虐殺などの犯罪の歴史の正当性を主張する行為だ。

一、日本が間違った歴史を美化し、それに基づいた権利を主張する限り、日韓の友好関係は決して正しくならず、日本がこうした問題に執着する限り、われわれは日韓関係の未来と北東アジアの平和に関する日本のどのような修辞も信用できない。どのような経済的利害関係も、文化的交流も問題解決の助けにはならない。

一、日韓には今も排他的経済水域(EEZ)の境界が画定されていない。日本が独島が自分のものだと主張、独島を(EEZの)基点だと固執しているためだ。東海(日本海)の海底地名問題は、EEZ問題と関連している。日本が韓国の海底に自らの地名をつけているのは不当であり、これを正そうとするのはわれわれの当然の権利だ。

一、日本が海底地名に対し不当な主張を放棄しない限り、EEZ問題も先延ばしにできない問題になり、結局、独島問題もこれ以上、静かな外交を続けることはできない問題になった。

一、われわれにとって独島は単純に小さな島の領有権の問題ではなく、間違った歴史の清算と完全な主権確立を象徴する問題。堂々と対処する。

一、政府は独島問題に対する対応方針を全面的に再検討する。独島問題を、日本の歴史教科書歪曲(わいきょく)、靖国神社参拝問題とともに日韓両国の過去の歴史清算と歴史認識、自主独立の歴史と主権守護の次元で、正面から扱っていく。

一、物理的挑発に対しては強力に断固として対応する。世界の世論と日本国民に日本政府の不当な扱いを告発する。日本政府が間違いを正すまで国家的力量と外交的資源すべてを動員し、持続的に努力していく。

一、そのほかにも必要なすべてのことを行う。どんな犠牲があっても妥協しない。

一、私は、歴史を冒とくし韓国人の誇りを傷つける日本政府の一連の行為が日本国民の普遍的な認識に基づいたものではないと期待している。日韓の友好関係や北東アジアの平和を危うくする行為が決して正しいものでも、日本に有利なものでもないと、日本国民もよく分かっているだろうからだ。われわれが感情的態度を自制し冷静に対応しなければならない理由もここにある。

一、日本国民と指導者に願う。われわれはこれ以上新たな謝罪を求めない。既に重ねた謝罪に見合う行為を要求しているだけだ。韓国に対する特別な態度を要求しているのではなく、国際社会の普遍的な価値に合う行動を求める。日本が隣国、国際社会に対しこうした基準の行動をとれば、経済の大きさに見合う成熟した、国際社会での主導的役割を担える国となることができる。

一、日韓両国は北東アジア、世界の平和と繁栄に向け、共に力を合わせねばならず、そのためには歴史の正しい認識と清算、主権の相互尊重という信頼が重要だ。日本は帝国主義の暗い過去を果敢に払い落とさねばならない。21世紀の北東アジアと世界の平和と繁栄に向けた日本の決断を期待する。

------------

小泉純一郎首相は25日、韓国の盧武鉉大統領が特別談話で竹島(韓国名・独島)の領有権問題に強硬姿勢で臨む姿勢を表明したことに関して「日韓友好を大前提に考え、冷静に対応していきたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

日韓の首脳間交流が中断していることについて「首脳会談をやった方がよい。私はいつでも(首脳会談を)やると言っている」と改めて強調。「総合的、全体的に未来志向で考えた方がよい」とも語り、韓国側に日韓関係の改善を呼びかけた。

http://www.vipper.org/vip242004.avi.html

↑岩上 「廬武鉉大統領の、あの発言は戦争煽動ですよ・・・」

----------ー

単純におかしいと思わないだろうか?日韓のどちらも関係改善を望んでいる。しかしご存知の通り関係は悪化するばかり。

これは両者とも自分の言い分を絶対正しいと信じているからだ。だから、本当に平和共存を望むのであれば、お互いにどこかで妥協しなければならない。

そう考えるといつも妥協するのは日本の方だ。韓国が1mmたりとも妥協している姿など見たことがない。今回もこれだけ激しい談話を発表しているが、日本は実際のところ何もやっていない。

確かに海底の調査のために調査船を出そうとはした。しかし韓国と話し合ってお互い妥協しあい、韓国は海底に地名をつけないことにし、日本は調査を取りやめた。

これはどうみても侵略的な行為ではない。国なんだからお互いに言い分があるのは当然である。そこでお互いギリギリのところで妥協しあう。これすらも侵略だの冒涜だのと言うのであれば、これは日本との話し合いを拒否しているのと同じであり、平和を破壊する行為ですらある。

廬武鉉大統領が言うように「国際社会の普遍的な価値に合う行動を求める」と言うのであれば、まずは韓国の側はすぐに国際法廷に出てくるべきである。

小泉首相の「冷静に…」という言葉とは極めて対照的である。

2006年4月25日 (火)

あくまで事を荒立てたいのか?

外務省の谷内事務次官が記者会見で述べたところによりますと、韓国政府は、日韓両国が領有権を主張する竹島の西側の海域について、ことし7月にも海洋調査を計画しており、日本政府に対し、「韓国の排他的経済水域内の調査で、日本とは直接関係がない」と説明しているということです。これについて日本政府は「日本の固有の領土である竹島周辺で調査を行えば、日本の排他的経済水域が含まれる可能性が高く、両国の新たな対立の火種になるおそれがある」としています。そして韓国政府にこうした見解を伝え、計画を中止するよう求めています。竹島周辺の海洋調査をめぐっては、日本側が予定していた調査に韓国側が強く反発し、先週の末、両国の外務次官が協議した結果、韓国側が6月の国際会議でこの海域の地形に韓国の名称をつける提案を行わない一方、日本側も予定していた海洋調査を中止することなどで合意したばかりでした。(NHK)

もういいですよ。経済制裁やっちゃいましょうよ。もう韓国には死んでもらうしかないですね。

2006年4月23日 (日)

竹島問題合意

竹島周辺海域での日本の海洋調査計画に韓国が反発している問題で、日韓両国は22日夜までの外務次官級協議で、<1>韓国は6月の国際会議で、韓国名の海底地形の提案をしない<2>日本は予定していた海洋調査を行わない<3>両国は排他的経済水域(EEZ)画定に関する交渉を5月中にも再開する――ことで合意した。(読売新聞)

一時は交渉決裂の噂まで流れたこのニュース。どうやら合意に達したみたいです。

なんかやんわりと問題を先送りにしたな、ってかんじですね。それでも、もしこれが決裂→調査強行→韓国調査船に攻撃となった場合には、戦争か経済制裁は避けられなかったわけで、とりあえず最悪の事態は避けれたということでしょうか?

心配なのは、韓国がこの約束を本当に守るのかどうか。韓国みたいな国であれば、約束破るのなんか朝飯前でしょうし、どうなんでしょうか?もしそうなった時の対応は、害無省が責任を持ってやらなければならないでしょう。

ところで、竹島は日本の領土ですが、今現在は韓国が実質支配している状況です。このような状況をあまり長く続けさせると、韓国側に既成事実を与えてしまい、日本にとってマイナスポイントとなるのは間違いありません。

韓国は国際司法裁判所にも出てきませんし、最終的にはどこかで実力行使は必要になってくると思います。

そのような意味合いで今回は最もいい機会ではあったのですが、その好機をどうやら逃してしまったとも言えそうです。

2006年4月21日 (金)

日韓の駆引き

韓国外交通商部のユ・ミョンファン第一次官は21日、韓国メディアに対して、「日本の測量計画は物理的な力を使っても、最後まで防がなければならない」と述べました。(JNN)

外務省谷内事務次官:「結果はどうなるか分かりませんけれども、国際法に基づいて解決を図るべく、冷静かつ真摯(しんし)に話し合いを行いたい」(ANN)

【日本側の提案】

韓国が韓国名の提案を止めれば、日本も調査を止める

【韓国側の提案】

日本が調査を止めれば、韓国は韓国名の提案を延期する

ーーーーーーーーーーー

((交渉決裂の場合))→調査強行

韓国が攻撃してきた場合→国際的な風当たり強まる。韓国名の提案が通ることは絶望的。下手したら経済にも影響与える恐れあり。

((日本側の案が通った場合))→日本調査取りやめ

韓国が約束を破った場合→日本はまともな海図を作ることができず、そのまま韓国名が通ることもありえる

((韓国側の案が通った場合))→日本調査とりやめ。しかし、根本的な解決にはならず。

韓国が約束を破った場合→日本はまともな海図を作ることができず、そのまま韓国名が通ることもありえる

【まとめ】

韓国がここまで調査に強硬な姿勢を見せる背景には、韓国世論があると思います。韓国は義務教育においても「竹島は韓国の領土」と教えてる国であるため、その竹島周辺海域に日本名がつくなどということは、韓国世論が許しません。

国際法上は100年実効支配すれば紛争地域であっても領有権が認められるため、韓国としては竹島海域に日本名がつこうがなんだろうが、黙って見ているのが一番いいのですが、韓国人は「もう既に竹島は韓国のものなんだ!」と固く信じているようなので、どうしてもそのような静観の姿勢をとることができないのでしょう。

韓国がこのように強硬な姿勢をとればとるほど、国際世論の風当たりは韓国に対して強くなりますので、日本にとっては逆に有利になってくると思われます。

本当だったら韓国ごとき、日本が経済制裁や国交断絶をちらつかせるだけですぐに謝罪して竹島から撤退するに決まってるのですが、そこまでやるとまた中国あたりが大げさに取り上げて、ワーワー騒いでうるさくてしょうがないので、日本は相当穏便に対処していると思います。

日本としてみれば、今回の話し合いが決裂し、調査を強行し、韓国がトチ狂って攻撃して来る、というのが最高のシナリオなんですが、まあ、韓国もそこまでバカではないでしょう。恐らく日本の案を呑むんじゃないでしょうか?その後韓国がどのような対応をとるかは分かりませんが。

ニュース竹島

韓国は6月に行われる国際会議で、竹島周辺海域の海底の地形について独自の名前を提案しようとしています。日本政府は、この提案を撤回すれば海洋調査は中止すると打診していますが、韓国側から明確な回答はありません。(ANN)

ソウル市内にある日本大使館前では、調査反対を訴える人たちが、小泉総理大臣や日本の測量船の写真を焼き捨てるなどして気勢を上げました。

「独島守護隊」と称する30人あまりの集団は、20日午後2時過ぎから、日本大使館前でシュプレヒコールを上げました。集団のリーダーらは「測量船が竹島の海域から直ちに引き揚げるよう日本政府に要求する」と強く訴えました。 (ANN)

韓国は竹島の海域に日本名の地名がつくことが相当嫌なんでしょうね。それにしても、まだ海域に入ってないのに「出て行け!!」とはどういうことでしょうか?

これまた政府の捏造報道で洗脳されてるのでしょうか?それとも単に頭が悪いだけ?

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31