« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

三国時代②―渡来人

<、`∀´> 北で高句麗が勢力を伸ばしていた頃、南にも辰韓、馬韓、弁韓の三つの勢力があったニダ。これがそれぞれ新羅、百済、伽耶にまとまっていったニダ。この時代多くのウリナラ同胞が倭国に渡っていって文化を伝えてやったニダ。チョッパリは感謝するニダ!!

新しい文物をもって日本に渡ったわが国の人たちは古代の日本人を教化した。

( ゜Д゜)″ キ…キョウカ……!!

`w´)  こんなもん、日本の教科書だったら腹切りもんだな!!

百済の阿直岐と王仁は日本に渡って漢文を教えたが、このとき漢学は日本人に文学の必要性を認識させ、儒教の忠孝思想も普及させた。また、百済は仏教、仏像と五経博士、医博士、暦博士、そして画家と工芸技術者等を送ったが、その影響で五重の塔も建てられ、百済伽藍という建築様式も生まれた。

一方高句麗も日本文化に多くの影響を及ぼした。高句麗の僧侶慧慈は日本の聖徳太子の師となり、曇徴は儒教の五経と絵画を教え、紙と墨の製造方法まで伝えた。日本の自慢の種である法隆寺の金堂壁画も曇徴の絵だといわれている。とくに現在日本の各地に残っている古代の仏像のなかには、その形や特徴からみて、三国の影響をうけたものが多い。

<、`∀´> チョッパリのあまりに未開な様を見るに見かねて、しょうがなく文化というものを教えてやったニダ!

羅では築堤術と朝鮮酒を日本に伝えたが、とくに築堤術の伝播で韓人の池という名前まで生まれるようになった。この他に三国の音楽も伝えられ高句麗楽、百済楽、新羅楽などの名まで生まれ、日本音楽の主流をなすに至った。

こうして三国時代にわが国の流移民が日本列島に渡って、先進技術と文化を伝え、大和政権を誕生させ、日本古代の飛鳥文化を成立させるのに貢献した。

<、`∀´> 日本の文化はみんなウリナラ起源ニダ!

( ´Д`) 仏教=インド 漢字・儒教・紙・墨=中国…………前方後円墳も韓国国内で見つかってるけど日本起源だし……

<、`Д´>″ ヤバイにだ!そういう都合の悪いものは埋め戻すニダ!!→http://members.at.infoseek.co.jp/konrot/bunka08.htm 

( ´∀`) とは言え、この時期日本人が朝鮮半島からの渡来人によって受けた影響はものすごく大きいモナ。渡来人ありがとうモナ!!

2006年3月30日 (木)

三国時代①―高句麗

<、`∀´> 衛氏朝鮮が漢に滅ぼされた後、漢、魏、晋など、歴代の中国王朝が朝鮮半島を支配するニダ。

<、TДT>∴ 侵略ニダーーーー!!

<、`∀´> でも優秀な韓民族はそれからすぐに独立するニダ!高句麗の誕生ニダ!ウリナラマンセー!!!

3世紀中頃に衛が高句麗とのはさみ打ちで、満州一帯で独白な勢力を育ててきた公孫氏を滅亡させるや、高句麗は中国勢力と正面から対決するに至った。この過程で衛の侵入をうけたこともあったが、4世紀はじめに高句麗は楽浪郡を討って中国勢力をわが国から追い出すことに成功した(313年)。しかしその後、北から前燕、南から百済の侵略をうけて国家的な危機を迎えることにもなった。

高句麗が危機を迎えることになったのは、部族別に散らばっていた力を組織的に統率できなかったところにその原因があつた。

こうした状況を克服して国家体制を大きく改革しながら、新しい発展の土台を整えたのは
小獣林王のときのことだった。すなわち、仏教の受容、大学の設立、そして律令の頒布などは、まさしく地方に散在した部族の勢力を効果的に統制し、中央集権国家への体制を強化しようとするものであった。

( ゜Д゜) だ…大学ぅ???

(;`Д´) そ…そんなもん……証拠あるんすか?

;□-□) ……いろいろ調べたんですが、当時「太学」(テハク)という教育機関が建てられたという形跡がありまして、おそらくこれのことを指してると思われます。運営実態は不明ということで、少なくとも現在の近代的な大学とは大きな隔たりがあったろうと思われます。

(;゜∀゜)∴ アハハ八八八ノ\ノ\ノ\八八八ハハハ……捏造キターーーー(゜∀゜)ーーーーーーー!!!

(;゜∀゜)゛ 太学=大学…は…はらいてーーーーー!!!

(-□-□ しかし、この小獣林王の時代には仏教などを取り入れ、社会が安定していたことは事実のようです。本文にもあるように、この時代に高句麗繁栄の基礎が作られたことに間違いはありません。

( ^∀^) 高句麗では広開土王の次ぐらいに重要な人物モナ!

小獣林王のときの体制改革にもとづいて、広開土大王の時代には国力を外に膨張させ、その諡名が意味するように、広い領土を確保した。遼束方面を含んだ満州の大部分の地域が高句麗の版図となり、南側では百済を圧迫し、新羅を助けて南海岸の一部地域に侵入した倭軍を撃退したこともある。当時の活発な征服事業については、国内城に建てられた広開土大王陵碑にその内容が記録されている。


 その後、
長寿王のときには国内城から平壌に遷都し、高句麗発展の新しい転機をもたらした。高旬麗の平壌遷都は、内には王権を強化する契機となり、外には百済と新羅を圧迫する要因となったばかりでなく、西側の海岸に積極的に進出する契機となった。このころ高句麗は全盛期を迎えたが、北燕王が頼ってくると長寿王は、一時北中国地域の支配者であった北燕王を領土内にとどめて、彼を諸侯として遇したりもした。

( ・w・) 長寿王すごいニャ!中国も支配してたニャ!

;□-□)゛ こ…これなんですが…実は北燕の王が北魏に攻め込まれた時に、高句麗に亡命してきただけなんです。それまでも高句麗と北燕は、いろいろと人的交流もあったりしたんで…それで高句麗に頼ってきたんです。

(#`w´)″ なんだよまた捏造かよ!ようは名誉革命の時にジェームズがフランスに逃げたみたいなもんだろ!

<#`Д´>/ ヘンな言いがかりはやめるニダ!勝手に勘違いしたのはチョッパリの方ニダ!ウリナラに対する侮辱は許さないニダ!!

【参考】

http://www.studyinkorea.go.kr/jp/intro_02_2.htm

http://www.lifeinkorea.com/Information/educationj.cfm

http://www.tabiken.com/history/doc/G/G072C100.HTM

http://homepage1.nifty.com/history/history/koukuri.htm

http://ppkp.sakura.ne.jp/server/func/output.php?fc=mTmp_Wiki_Keys_Text&pr=8D828BE597ED

http://members.tripod.com/textbook_korea/3_2.html#3_2_1_1

2006年3月29日 (水)

古朝鮮④

<、`∀´> 続きニダ!今日は衛氏朝鮮ニダ!

中国の戦国時代以後混乱乱につつまれて、流民が大挙古朝鮮へ越境して来るようになった。古朝鮮は彼らを受け入れて西方地域に適宜住まわせた。その後、秦・漢の交替期にまた二度目の流民集団が移住してきた。そのなかの衛満は無慮1000余名をひきいて古朝鮮へ入って来た。

<、`∀´> 中国が困ってるみたいだから、しょうがないから住ませてやったニダ!中国は感謝するニダ!

衛満ははじめ準王に
古朝鮮の西方の辺境に居住することを請うて許しをうけた。その後、準王の信任をうけて、西方辺境の守備の任務を担当するようになった。このとき、衛満はそこに居住する移住民勢力を統率するようになり、それを基礎にして自らの勢力を次第に拡大していった。その後、衛満は首都の王倹城を攻めて準王を追い出し、自ら王になった(B.C.194)(注8)。衛満王朝の古朝鮮は、鉄器を本格的に使用した。鉄器を使用することによって農業と武器生産を中心にした手工業がさらに盛んになり、それにしたがって商業と貿易も発達した。

この頃、古朝鮮は社会、経済の発展にもとづいて中央政治組織を備えた
強力な国家に成長した

こうして優勢な武力を基礎にして活発な征服事業を展開し、広大な領土を占めた。また、地理的な利点を利用して、濊や南方の辰が中国の漢の国と直接交易するのを妨げ、伸介貿易の利得を独占しようとした。こうした経済的、軍事的発展を基盤に
古朝鮮は漢と対立するようになった

<、`∀´> ウリナラは漢帝国と対等の国ニダ!強国ニダ!

これに
不安を感じた漢の武帝は、水陸両面で大規模な武力侵略を敢行した、古潮鮮は第一次の戦闘で大勝を博し、以後約1年にわたって漢の軍隊に頑強に対抗したが、最後に王倹城を陥落されて減亡した(B.C.108年)。

(注8) 衛満は入国したとき、髭を結って、朝鮮人の服を着ていたのを見て、燕国に住んでいた朝鮮人だと思われた。衛満は国の名をそのまま朝鮮とし、その政権には土着民出身で高い地位にのぼった者が多かった。したがって衛満の古朝鮮は、檀君の古朝鮮を継承したものとみることができる。

<、`∀´> 前回までいろいろ言われたけど、衛満は実在したことが認められてるニダ!今度こそ正真正銘の韓国の正史ニダ!

( ・w・) 実際どの程度の信憑性にゃ?

(-□‐□ 衛氏朝鮮に関しては史記、漢書、三国志など、中国の複数の史書に書かれています。また考古学的な検証が可能なのもこの時代からです(その前の箕子朝鮮以前は遺跡が一つも出ていません)。時代的には日本の邪馬台国よりも、数百年ほど前です。ただし衛満の存在、及び建国そのものに関しては考古学的には証明されていません。おそらく邪馬台国の卑弥呼と同レベルの信憑性でしょう。さらに、細部に関しては誇張なども多いため、これらの史書に書いてあることが100%担保されるわけではありません。しかも、中国の歴史書に出てくる「朝鮮」というのが本当に今の朝鮮半島にあたる部分を示しているのかどうかも議論の余地のあるところです。

( ´∀`) 細部に関しては未確認情報が相当混じってるモナ。

( `w´) ところでさ、衛満て燕出身でしょ?本文見るとなんかネイティブ‐コリアンみたいなニュアンスで書かれてるけど、結局のところ中国人?朝鮮人?どっち?

(-□‐□ はっきりしたことはわかりません…。ただ、史書には特に「朝鮮人だった」とも、「朝鮮の服を着て」とも書かれていないですね。

( `w´) まーそらそーだろーな。存在そのものがクエスチョンマークなんだからな。でも韓国としてはやっぱ何とかして朝鮮人ってことにしておきたいわけだよな。その辺の執念っていうか、ほとんど願いに近いようなものが、なんか行間からあふれ出てるよな。

<、´∀`> ウェノム(倭人)はかわいそうニダ。自分の歴史が乏しいからといって、ウリナラの歴史をなにがなんでも否定したいニダ。

【参考】

http://www.geocities.jp/thirdcenturyjapan/wajin.html

http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/chousen_kenkoku.htm

http://www.geocities.jp/salonianlib/history1/chapter02.html

2006年3月28日 (火)

古朝鮮③

<、`∀′> 前回の続きニダ!

古朝鮮は初期には遼嶺地方に中心をおいたが、後になって大同江流域の王倹城を中心にして独自の文化をつくって発展した(注7)。古朝鮮は燕国の侵入をうけて一時勢力が弱まったこともあった。

しかし紀元前3世紀頃には、否王、準王のような強力な王が登場し、王位を世襲し、その下に、相、大夫、将軍などの官職もおいた。また、遼河を境界線にして中国の燕と対立するほどの強盛を誇った。

(注7) 古朝鮮の発展と関連して箕子朝鮮についての記録がある。中国の史書には周の武王が箕子を朝鮮に封じたとなっている。そしてその年代を紀元前12世紀頃と推定してもいる。しかし箕子朝鮮を、朝鮮の発展過程で社会の内部に登場した新しい支配勢力を示すものとして、または東夷族の移動過程で箕子に成長したある部族が古朝鮮の辺境で政治勢力をつかんだものと見る見解が支配的である。

( ´・ω・`)  もうあきあきですね。否王も準王も箕子も全部伝説の人物。全く今までと同じパターンでいかにも実在したかのごとく書いているだけです。

(‐□‐□ 私にとって一番理解しがたいのが(注7)です。中国の史書に箕子朝鮮のことについての記述があるのにもかかわらず、どのような理由でそれを否定しているのか?全く理由を述べることなしにこれを否定している……。そのため、この文章全体が非常に説得力のない形になってしまっているのです。箕子をウリナラ起源とし、しかも論理的一貫性を持たせたいのであれば、「しかし」より前の二つの文章を完全になくした方が、まだマシです。

∵≧Д≦∵ みんないじめるニダー!!ウリナラの誇りを傷つけられたニダー!!

【参考】

http://www.tcn-catv.ne.jp/~woodsorrel/kodai/kk09.html

http://www.han.org/a/half-moon/hm095.html

2006年3月27日 (月)

古朝鮮②

<、`∀′> 前回の続きニダ!

この時期には人びとが丘陵地帯に居住しながら農耕生活をしていた。このとき、桓雄部族は太白山の神市を中心にして勢力を作り、彼らは天の子孫であることを掲げて自己の部族の優越牲を誇示した。また、風伯、雨師、雲師をおいてそれらの農耕に関係あるものを管理し、私有財産の成立と階級の分化にしたがって支配階級は農事と刑罰などの社会生活を主導した(←以上ソース=三国遺事など13C以降の歴史書)

こうした内容(←遺跡などの物証なし)は、新石器時代末期から青銅器時代に発展する時期に、階級分化とともに支配者が登場し、以前とは異なる新しい社会秩序が成立する過程をよく見せている。”広く人間を益する(弘益人間)"ことも新しい秩序の成立を意昧するものである。

先進的な桓雄部族は周囲の他の部族を統合し、支配していった。熊を崇拝する部族は桓雄部族と連合して古朝鮮を形成したが、虎を崇拝する部族は連合から排除された。

檀君は祭政一致の支配者として古朝鮮の成長とともに周辺の部族を統合し、支配するために自らの祖先を天と結びつけた。つまり、各部族固有の信仰体系を総括しながら周辺の部族を支配しようとしたのである
(←ソースなし)

( ゜Д゜) ポカ--------------ン

(;^▽^) ほ…ほとんど妄想の世界ナリ……

( ・w・) 桓雄部族って何にゃ?

(‐□‐□ 桓雄というのは檀君の父親のことです。伝説によると、桓雄は天から人間界にやって来て、未開な人間たちを教化したということになってます。その際、穴ぐらの中に熊と虎がいて、熊は人間に化けて桓雄の子供(檀君)を作り、虎は人間になれずに逃げていったとされています。

( ・w・) つまり伝説上の桓雄→歴史上の桓雄部族、熊→熊を崇拝する部族、虎→虎を崇拝する部族、ということにゃりね!こういう部族がいたことを示す物証って何かあるにゃ?

(‐□‐□ ……

<#`Д′>/ そんなものどうでもいいニダ!古い歴史書に書いてあるニダ!間違いない事実ニダ!

http://fetia.blog34.fc2.com/blog-category-3.html

http://www.geocities.jp/salonianlib/history1/chapter02.html

2006年3月26日 (日)

古朝鮮①

<、`∀′> 韓国の歴史教科書を検証してみるニダ!

最も早く国家として発展したのが古朝鮮であった。古朝鮮は檀君王倹によって建国されたという(B.C.2333)檀君王倹は当時の支配者の称号であった(注5)。

(注5) 檀君の建国に関する記録は、『三国遺事→13C、『帝王韻紀』→13C、『応制詩註→14C、『世宗実録地理志→15C、『東国輿地勝覧』→15Cなどに出ている。天神の子が降りてきて建国したという檀君建国の記録は、わが国の建国過程についての歴史事実と弘益人間の理念を明らかにしている。このことはまた、高麗、朝鮮、近代を経て国が困難な状態にあるごとに、わが民族の伝統と文化の精神的支柱となってきた。

<、`∀′> B.C.2333!ウリナラは四大文明と同レベルの古さを持っているニダ!

<、`∀′> 檀君王倹は歴史学上存在が確認されてないけど、ウリナラの教科書はそんなこと気にしないニダ!

古朝鮮は遼嶺地方を中心に成長し、次第に隣接した君長社会を統合して、韓半島まで発展したとみられるが、このような事実(←ソースなし)は出土した琵琶形銅剣の分布によって知ることができる。古朝鮮の勢力範囲は、青銅器時代を特徴づける遺物の一つである琵琶形銅剣が出た地域とほとんど一致している(6)。

(6) 古朝鮮の勢力範囲は、青銅器時代を特徴づける遺物の琵琶形銅剣や美松里式土器などが出てくる地域とほとんど一致している。一方、東夷族の分布は、古代の韓民族だとすることのできる濊、貊、扶餘、高句麗、北沃沮、抱婁などをあわせた地域だと推定されている。

<、`∀′>  ウリナラの領土は本当はこんなに広いニダ!中国は侵略国ニダ!謝罪するニダ!Photo_2

(‐□‐□ はっきり言ってウソの上塗りに近いですね。琵琶形銅剣の一番古い年代はB.C.10C頃とされています。これを元に考えると、檀君王(B.C.2333)は青銅器文明と無関係だったことになります。それにもかかわらず、古朝鮮と琵琶形銅剣を結びつけるような記述がなされているのは意味不明というしかないですね。

 古朝鮮の建国事実を伝える檀君説話は、わが民族の始祖神話として広く知られている。檀君説話は長年月にわたって伝承され、記録として残されたものである。この間に何らかの要素が後代になって新しく添加されもしたし、ときにはなくなりもした。このことはすべての神話に共通する属性の一つとして、神話はその時代の人の関心を反映しているために歴史的な意昧をもっている。檀君の記録は、青銅器文化を背景にした古朝鮮の創立という歴史的事実反映している

(‐□‐□ 檀君王の話は神話あるいは説話なのでしょうか?それとも事実なのでしょうか?事実を反映してるというのであればどこまで反映してるのでしょうか?読む者に混乱を与えます。檀君王の建国の年号は信用していいのでしょうか?檀君王の存在そのものは信用していいのでしょうか?このようなあいまいな記述の仕方は教科書にはふさわしくないのではないでしょうか?

【参考】

http://infoseek.amikai.com/amiweb/browser.jsp?langpair=9,2&url=http%3A//mtcha.com.ne.kr/korea-term/goryo/term126-jewoangungi.htm&display=2?=JA&toolbar=yes&c_id=infoseek

http://toron.pepper.jp/jp/take/tizu/yomikaetml.html

http://toron.pepper.jp/jp/take/15C/taisyu.html

http://matsu.rcks.kyushu-u.ac.jp/p/study/12myth/(1)3tangunn/tangunn-story.html

http://www.netlaputa.ne.jp/~andreus/bbs0209/bbs/114.html

http://members.tripod.com/textbook_korea/2_2.html

2006年3月24日 (金)

【WBC】民度の低い反日韓国人たち【イチロー】

http://kr.ks.yahoo.com/service/ques_reply/ques_view.html?dnum=EAAAE&qnum=4660964&p

http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/psports/106000/20060317114259754221782300.jpg

韓国人の民度の低さは2002年のW杯に引き続き相変わらずですね。

2006年3月23日 (木)

WBCとW杯

少々遅まきながら、WBCに関する記事を書こうと思う。

今回日本はWBC、つまり野球の世界大会で世界一になった。

単純な言い方になるが、これは本当にすごいと思う。アメリカのメジャーリーグとのレベルの差を考えれば、これはまさに意外と言うしかない。

ところで、今まで野球というのは世界大会がなかった。オリンピックがあったものの、こちらは基本的にアマチュアという建前なので、出場できる選手にかなり制限が加えられていた。

そして、このオリンピックにおいてでさえも、野球は正式な種目から抹消されてしまった。それもこれも野球が盛んな国というのが北中米とアジアだけに限られているためなのは明らかだ。

この場合決まって比較の対象になるのがサッカーだが、サッカーはほぼ全世界で人気のあるスポーツだと言って良い。W杯という世界大会の歴史も長い。しかもW杯出場国数は既に300チームを超えている。

翻って野球はというと、オリンピック以外の世界大会は今回が初めて、参加チームもたった16チームと、1930年代のW杯を思わせる。

サッカーでの日本の最高成績はベスト16。16/300と、1/16と、どっちが価値があるのかと言われるとなかなか判断しかねるが、何はともあれナンバーワンの価値が大きいのは間違いない。

サッカーびいきの私としては、今回のWBC日本優勝でジーコジャパンも触発されて、6月の本大会でも好成績を残してくれることを期待する。

さすがにW杯における世界の壁というのはWBCとは比較にならないほど厚いので、そうやすやすと優勝というわけにはいかないかもしれないが、毎年少しづつ強くなって、いつか優勝できるといいと思う。

W杯もWBCも同じだが、見てる者にとって一番面白いところは一発勝負の怖さというやつだと思う。サッカーも野球と同じように、否それ以上に何が起こるかわからない。

これを期に、WBCの出場国数ももっと増えるといいと思う。

2006年3月21日 (火)

ロンちゃんブログデビュー

Ron

家の実家の愛犬です。名前は”ロン”

ヘンな名前だって?そんなこといわないで下さい^v^!

2006年3月20日 (月)

韓国の偽造・捏造

ぜ~~~~~んぶ朝鮮半島起源です!(全部ウソ)

韓国が起源だ、あるいは韓国人の作だとしているもの

【文化・文明全般】

日本人 茶道 折り紙 盆栽 イギリス人  日の丸 英語 日本語 万葉集 侍 武士道 漢字 奈良 祭りのわっしょいという掛け声 竹島 飛行機 日本刀 ソメイヨシノ 錦鯉 秋田犬 煙突 どんぶり 釜 匙 扇子 三足烏 生け花 前方後円墳 漫画 双六 鳥居 忍者 着物 じゃんけん  花札 短歌 神社 和歌 間島 対馬 ヨガ 日本の生態系全般 武士 針灸 ねぶた祭り 日本画 ひらがな カタカナ ロボットサッカー 歌舞伎 皇室 漢方薬 活版印刷術 全世界の剣 四大文明 人類

【武道・スポーツ】

剣道 柔道 中国拳法 空手 サッカー 蹴鞠 合気道 相撲 居合

【食文化】

納豆 茶 刺身 豆腐 てんぷら 日本酒 寿司 味噌 うどん 醤油 ワサビ 焼酎 焼肉 海苔巻き 塩辛

【マンガ・アニメ】 

セーラームーン ドラゴンボール 鉄腕アトム ドラえもん エイトマン キカイダー 明日のジョー マジンガーZ 三国志 バビル2世 パーマン 黄金バット 宇宙戦艦大和 キャプテンハーロック コンバトラーV ゲッターロボ ジャングル大帝レオ デビルマン 妖怪人間ベム タイガーマスク ロボットキング キャンディーキャンディー らんま1/2 ポケモン スラムダンク あたしんち ONE PIECE ガッチャマン 銀河鉄道999 ドカベン あぶさん 大甲子園 ナイン 巨人の星 はじめの一歩 キン肉マン キャプテンハーロック バスタード ミンキーモモ がんばれ元気 聖闘士星矢 ドッチ弾平 三丁目の夕日 ちびまる子ちゃん 未来少年コナン アンパンマン バガボンド 北斗の拳 CITY HUNTER 逮捕しちゃうぞ キャプテン翼 ヒカルの碁 犬夜叉 エヴァンゲリオン ルパン三世 ガンダム 装甲騎兵『ボトムズ』 コンバトラーV ゴッドマーズ オジャ魔女どれみ フランダースの犬 タイムボカン

【キャラクター】

キティー ケロケロケロッピ ペコちゃん

【特撮もの】

ゴジラ 仮面ライダー ウルトラマン サンバルカン ギャバン シャイダー シャリバン

韓国人or在日認定←全部日本人です!

【スポーツ・芸能・その他有名人】

中田英寿 稲本潤一 イチロー 美空ひばり 北野武 井川遥 小泉純一郎 手塚治虫 盛田昭夫 湯川秀樹 石原裕次郎 織田裕二 尾崎豊

【歴史】

孔子 千利休 東洲斎写楽 紫式部 源義光 卑弥呼 スサノオノミコト 神武天皇 桓武天皇

・なぜ韓国は捏造大国か?

はじめに断っておくが、ここに挙げた事例は膨大な量には見えるが、全体のほんの一部である。いちいち細部まで挙げていけばキリがないほど、まだまだたくさんの事例がある。ここまで文化の捏造・パクリの事例が多いのは、おそらく世界広しといえども韓国以外にないだろう。ここまでくると「文化の捏造は韓国の文化である」といっても過言ではないような気がしてくる。

そこで日本の一般ピープルとしては、なぜ、韓国はここまで文化の捏造が好きなのか?という疑問が湧いてくる。そして多くの場合、これは「韓国の文化がもともと貧弱だからだ」とか「儒教的な考えが基になっている」とか説明されているが、私はこれにもう一つ別の要因を付け加えたい。それは、今現在でも存在する政府による文化規制だ。

戦後「漢江の奇跡」と呼ばれる驚異的な経済発展によって、好むと好まざるとにかかわらず韓国には多くの日本を中心とした外国文化が流入せざるを得なくなってきた。国民も政府も、もちろんこれを受け入れたいのだが、韓国には反日政策がある関係で、どうしてもある程度は規制をかけざるを得ない。そこで考えたのが文化の起源捏造だ。

要は「日本のもの」ということになっているから問題なのであって、それが「韓国のもの」ということであれば問題ないということになる。幸い日本は韓国のお隣の国であり、古代には多くの文物が韓国を経由して日本に流れ込んだ形跡がある。これを利用して日本文化を韓国の文化と強弁してしまえば、日本文化を「韓国文化」として国内で流通させることができるのだ。つまり、韓国のパクリ好きは、これも反日政策の一つの仇花だと言うことができるのである。

2006年3月17日 (金)

強盗を野放しにしている日本

国家とは何か?国家の役割とは何か?現代の国家観はもちろん多義的にならざるを得ないでしょう。福祉や、経済政策など、国がやるべきことはいろいろあります。しかし、国家にとって最も重要なことは、国民の安全を保障するということです。

これはこんな状況を考えてみればよくわかります。ある街で、立てこもり事件が起きたとしましょう。犯人は、人質をとって現金一億円を要求しています。しかし相手は銃を持っているので、一般人ではどうしようもありません。こんな場合、私たちは国民の当然の権利として国に何とかするよう訴えます。つまり、凶器を持った悪人を早く逮捕するように要求します。それは当然のことです。

しかしこれと全く同じことが、竹島で起こってしまいました。以下の文章はまさにそれです。

1955年11月には、韓国連合参謀本部は李ライン侵犯船に対する砲撃、撃沈を声明して、日本漁民をふるえあがらせた。1952年以降5年間で拿捕された日本漁船は152隻、抑留船員は2025人にも及んだのである。(中略)微力な日本政府は、韓国政府の、国際法を無視したこれらの行為に対してなんら為す術はなく、漁民は悲嘆にくれ、国民は遺恨の思いを心中につのらせた。日本政府は抑留された漁船員を還してもらうために、本来は強制退去の対象者である在日朝鮮人の犯罪者472人を仮釈放して、在留特別許可を与えたのである。http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/ebb61f72590e36f44d813845de14f2bf

つまり、立てこもり事件のたとえで言えば、これは日本政府が相手の要求どおり一億円を払い、しかも犯人は逮捕せず、のうのうと今でものさばっているのとおなじです。もちろん人質も帰ってきません。それだけじゃなく、犯人は竹島という島の利権を守るため、高射砲や通信基地、ヘリポートまで作ってしまいました。一体、これで日本は本当に守られてると言えるのでしょうか?

それでも、お人好しの方はこういうかもしれません。「竹島は日本の領土ではないのではないか」と。実際、韓国では学校教育でも「獨島(竹島)は韓国の領土である」ということを徹底しており、よっぽどの親日家でもない限りまずほとんどの国民は獨島を自国領だと認識しているようですが、それは明らかに違います。細かい経緯は以下のサイトで確認してください。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/takeshima.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%B3%B6_%28%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%29

ややこしい問題なのは確かですが、それでも公平な立場から見れば、やはり日本の領土だということになるでしょう。実際1954年に日本は、国際司法裁判所で裁判することを要求し、このとき韓国はこれから逃げています。

ゴキブリは光から逃げようとするものです。これと同じように、韓国も現実が白日の下にさらされるのを恐れているのです。こういった無法者国家に対しては、国連というのは実に無力な存在です。そして繰り返すように、こういった無法者から守るためにこそ、国というのは存在するのです。このように考えれば、日本が何らかの形で韓国に制裁を加えたとしても、それは国際的になんら非難されるべきことではありません。むしろ日本は何らかの形で制裁を加えなければならない、というのが私の考えです。

2006年3月16日 (木)

なぜ朝鮮人は????なのか

在日も含め、韓国、朝鮮人の日本批判というのは日本人の理解を超えている。彼らはポケモン、ドラゴンボール、ドラえもん、セーラームーン、鉄腕アトムなど、日本のアニメは全て韓国のものだと強弁し、盆栽、茶道、剣道、柔道、折り紙などの日本文化も全て朝鮮起源だと主張する(全部嘘)。また、イチロー、中田、稲本など、海外で有名になった日本人はみんな在日認定され(もちろん全て正真正銘の日本人)、その一方で自分が海外で不利な立場に陥ると「I am Japanese」と平気で嘘ぶく。また現在の朝鮮の文化が貧弱なのも、経済が弱いのも、全て戦時中の日本のせいという情けないことを平気で言い、過度に日本統治時代の残虐さ、過酷さを訴える。また首相の靖国神社参拝、歴史教科書の記述など、事あるごとに内政干渉をする。さらに日本のあげあしを取ることには余念がなく、自分の過ちを認めることは絶対にない。彼らの非論理的で理性を超えた言動は、良識ある日本人の目からは滑稽ですらあり、もはや誰も朝鮮人の言うことを信じなくなった感すらある。

なぜ彼らはこれほど反日(アンチ)なのだろうか?彼らは何ゆえここまで日本を目の敵にするのだろうか?これには根深い理由がある。その根深い理由とは何か?それをここでは考える。

まず話の起点となるのは韓国ではなく中国だ。中国では古代秦王朝の成立以来2000年以上の長きにわたり、一貫して中華思想という考えが存在した。中華思想とは中国こそが世界の中心世界で最も先進文明をもった国であり、その周辺の民族は、すべからく中国の臣下に入り、中国の進んだ文明をありがたく享受すべし、という考え方である。周辺諸民族は蛮族と見なされ、皇帝に謁見するときには三跪九叩の礼(三回お辞儀し九回ひざまずく)を求められた。貿易は少なくとも建前上、朝貢貿易という形を取り、周辺国は朝貢し、これに対して中国皇帝が冊封で応えるのが基本だった。日本でも古くは遣隋使やら遣唐使やらが行われたが、江戸時代以降は全く行われていない。この考え方は近代の西欧列強にも適応され、イギリスの使節が自由貿易(朝貢貿易ではなく対等の貿易関係)を求めて来たときも、当時の清はこれを当然のごとく拒否し、またイギリスの使節を従来通り(上記のように三跪九叩の礼も要求)に扱ったため、これがきっかけの一つとなりアヘン戦争勃発という悲劇につながった。

以上のように近代以前のアジアにおいては中国を世界の中心とした冊封体制が支配していた。しかし日本は明や清への朝貢を行っていなかったので(というよりも徳川幕府自体が「幕藩体制」といった形の擬似冊封体制を取っていたので)、日本には(少なくとも江戸時代以降は)中華思想が絶対という考え方はなかった。

そして当時の李氏朝鮮(李朝)も中国とは朝貢国という形で関係を保っていたのだが、この時李朝は日本にも通信使を出している。通信使は日本人を「文才のない野蛮人の国」と見たようだ。なぜなら、当時の朝鮮は日本のように武士が支配する封建社会ではなく、両班を支配階層とする官僚制の社会だった。官僚は科挙という試験で選ばれるので、「文才」(ここで言う文才とは、漢文の能力のこと)がないと上級職にあがれない。そのため、当時武官中心の世襲制社会である日本を、軍事力はあるが愚かで遅れた民族と考えたらしい。

このような認識もあってか、朝鮮社会には中国>朝鮮>日本という構図が今でもあるらしい。これは彼らにとってはあるべき姿、あるべき信念のようなもののようだ。決して現実にどうのこうのというのではない。例えて言うならば、学校の部活や会社で目下の者が、目上の者を敬わなければならないのと同じである。現実には部長よりも平社員のほうが仕事ができる場合もあるだろう。上司が間違った、あるいは非効率な指示を出すことがあるかもしれない。しかしそれをあからさまに指摘すれば、相手は絶対にいい気はしない。また、部長よりヒラの自分の方が社長から重要視されることがあるかもしれない。しかしだからと言って、やはり部長は部長なのである。部長が自分の手柄を横取りしたとしても、事実を無視した言いがかりをつけてきたとしても、決して逆らってはいけないのである。

これが朝鮮社会の基本認識らしい。この考え方の根本に、儒教思想があるのは疑いのないところだろう。これは日本人でも少しは理解できる。江戸時代に朱子学が流行っていたせいか、今でも日本では目下のものが目上の者を立てる、という考え方はある。しかし、だからと言ってこれで朝鮮人のメンタリティーを理解した気になってはいけない。日本の場合、身分の差というのはあまり問題にはならない。確かに、江戸時代には士農工商があったとは言え、これが相当フレキシブルなものだったことは今ではよく知られている。豪商と幕府は蜜月の仲だったし、農民でも武士になり、豊臣秀吉のようにトップまで登りつめたりもする。明治には公武合体政策が平然と行われたし、天皇でさえ民間人と結婚する。

これに対して朝鮮の身分制というのはこれよりはるかに厳しい。李朝では日本の士農工商に当たるものとして、両班→良民→賤民という身分制があった。そして良民はさらに中人→常人に、賤民はさらに奴碑→白丁と分かれていた。そして身分を越えた結婚などというものは一切認められない。白丁はどこまで行っても白丁、常人はどこまでいっても常人、である。常人がいくら商売で成功したとしても両班から認められることはない。というより、常民の身分で両班以上に成功することそのものがありえない。また、同じ姓どうしは結婚することもできない。

これが日本と朝鮮の大きくかけ離れているところである。日本での部長と平社員の関係とはここが違う。日本ではたとえ東大を出ていなくても社長になることができるし、田中角栄のような高卒で総理大臣になる者もいる。しかし朝鮮ではそんなことはありえないし、あったとしても例外中の例外だ。日本の武士が非常に貧しかったのは有名だし、武士が出家したり、僧が武士の政治顧問のようになることすらあった。しかし朝鮮では、身分がありながら裕福な生活ができないなんてことはありえないし、良民が通常賤民のやるような仕事をすることも永遠にないし、むしろそれぞれの身分の者は、それぞれの身分より下の身分の者から搾取することを当然と思ってるところがある(これは過去においてだけではなく今でもある)。誤解を恐れずに言うならば、下の身分の者は、上の身分の者から見て人権など存在しない。

これを踏まえて、朝鮮における日本人の位置付けはどのようなものなのかというと、実は白丁以下なのである。その論理構造はこうだ。朝鮮人と日本人とは同系であり、日本人とは朝鮮人社会の中から食いっぱぐれて逃げていった人たちだ。従って、血筋的には最下層の白丁よりも低くなければならない、とこういうわけだ。だからはっきり言って、日本人が韓国人と同等のことをやること自体が許せないし、ましてやそれを追い抜くことなど絶対にあってはならないことなのである。(↓反日の声)

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/e900d1f044ca2786b10d1ef3066cdca1

以上のことから、相手が戦前の過ちについていくら「謝れ!」といっているからと言って、日本人が何十回謝ろうが(実際過去に日本の首相は韓国に何十回も謝っている)意味はない。むしろ最終的でしかも究極的な解決策は、韓国以下の政治力、韓国以下の経済力、韓国以下の文化力などを永続的にキープすることである。もちろん韓国を差し置いてW杯の開催国になることも身分上ありえない。

しかし、こんなことをやっていれば日本はすぐ滅びてしまうのは誰の目にも明らかなので、こんな無茶な要求をのめるわけがない。それではどうすればいいか?私の個人的な意見を言わせてもらうと、それは、朝鮮側のおかしな言いがかりに対しては、日本側が断固たる姿勢を貫かなければならないということだ。決して妥協してはならない。

例えば韓国の企業が日本企業との共同開発を申し出てきたとする。この場合韓国の企業がいくらしつこく話を持ちかけたとしても、決して彼らと組んではならない。彼らは最初っから「共同で」などという意識はない。むしろ「相手は奴隷なんだからふんだくって当たり前」という意識で来る。したがって、実際には日本企業のノウハウを覚えたらすぐに捨て去る可能性が高い。

韓国といえば文化泥棒でも有名である。日本の文化を無断で盗みまくっているのは初めに書いたとおりである。これも、決して見逃してはいけない。われわれ日本人はお人よしなので「まあ、ちょっとくらいいいか」と、つい思ってしまうが、一度見逃せば、それは日本が自らの身分を認めたことを意味するので、彼らは盗みを当然の権利と思い込むようになる。だから、断固とした制裁措置をとるべきである。より具体的には、過去にさかのぼってでも著作権料を払わせるべきである。

さらに、教科書問題にしても、靖国問題にしても、明らかな内政干渉なわけだから、絶対妥協してはいけない。日本の教科書は日本の教科書である。決して韓国や北朝鮮のものではない。(↓北朝鮮の教科書。もし北朝鮮が自国の歴史認識こそが正当なものだと考えているとしたら、それと完全に同じ教科書を日本でも作ることなど絶対に不可能なことが分かる)

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/e1002894b2cda87282dd06d9c2d5915a

小泉首相も積極的に靖国へ行くべきである。彼らの無茶な要求に従うことは、その身分を受け入れたということになるからである。竹島に関しても、今度もし仮に日本人の漁民などが拿捕されたりしたら、ためらわずに自衛の戦争を起こすべきだ。韓国側が間違った主張をしているのは明確であり、実際日本は国際裁判所にも提訴している(国際裁判は原告被告双方の提訴がなければ起訴できない。日本は提訴しているが、韓国は逃げている)。

つまり、重要なのは①かかわらないこと②どうしてもかかわらなければならない場合には最悪の事態を考え、どう対処するかあらかじめ考えておくこと③最悪の事態が起こった場合には、徹底的に妥協のない措置をとること、の3つである。左翼的な方はこれを「過激すぎる」ととらえるかもしれないが、日本はもはやそこまで追い込まれていることも、忘れてはならない。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

怖い話''(゜ww゜)``wwww

前から思ってたんですけど・・・・・・戦前は朝鮮と日本て同じ国だったんですよね。だから日本国内にも在日とかいるんですよね。でも韓国国内に在韓日本人がいるって話聞いたたことないんですけど、これどういうことでしょうか?まさか・・・・・・まさか・・・・・・・・・・・・・・・

いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

やめてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!

怖いよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

殺さないでーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月15日 (水)

創氏改名考

通称創氏改名と呼ばれるものは、朝鮮民族の伝統を無視する政策だっただろうか?

創氏改名とは、実際には朝鮮総督府の出した政令であり、そのような名称の法律があったわけではない。「創氏改名」という言葉は戦後の創作である。

この政令は1939年11月に発布され、翌2月に施行された。一般にこれはただ単に朝鮮名を日本名に改称することを強制する悪法と考えられがちだが、これは現実を不当にデフォルメ化した解釈であると言わなければならない。そこでまず創氏改名がどういうものだったのかを考察する前に、朝鮮と日本との家族制度の違いと、それに関連した「氏」と「姓」の違いを前提として述べておきたい。

日本では通常結婚すれば、女性は名字を変える。最近では一部のフェミニストがこれを短絡的に女性差別だなどと解釈しているようだが、それは違う。日本では「家」という存在がまず社会の基本単位として存在しており、自分がどこの家に属するかというのは日本人のアイデンティティーにおいて非常に大きな比重を占めている。その「家」は、基本的に父系によって「家系」として受け継がれる。したがって新たに別の「家」に入っていく嫁は名字を変える必要があるのである。また、ここでは「基本的に父系によって・・・」と書いたが、これは決して絶対ではなく、「婿養子」という制度も伝統的に存在しており、この場合は男の方が名字を変える。これももちろんこれも「家」という存在を意識してのものであることは言うまでもない。

これに対して朝鮮の場合には、一般に強く意識されるのは「家」であるよりもむしろ出自である。したがって、朝鮮では嫁入りしようと婿入りしようと、名字を変えることはない。そのため、一つ屋根の下で生活する家族の仲に金さんがいたり朴さんがいたりという、日本人には馴染みのない状況が生まれるのである。

それでは生まれた子供はどちらの名字になるか?これは例外なく男性の名字になる。日本では婿入りした場合、子供の名字が母方のものになったりするのとは違い、朝鮮では一つの例外もなく男性側の名字になる。というより、「婿入り」やら「婿養子」という考え方そのものがない。朝鮮においては「姓は変わらず、同姓は娶らず、異姓養わず」の三原則があるからだ。これも、朝鮮人のアイデンティティーが日本人と違い出自にあることを考えれば当然である。

このように朝鮮と日本では家族、社会、あるいは自らのアイデンティティーに関する考え方が違うため、当然名字の意味するものも微妙に違っている。そして日本人が通常使っている名字の概念を「氏」と言い、朝鮮のものを「姓」という。

さて、以上の前提を踏まえた上で、現在通称「創氏改名」と言われるものはどのようなものだったのだろうか?重要と思われる点を以下にまとめた。

1.全ての朝鮮総督府内の国民は「姓」だけでなく「氏」を持つこととなった。

2.新たな「氏」を届け出るかどうかは任意だった。

3.新たな「氏」を届ける際には自分の「姓」以外の「姓」にしてはいけなかった。

4.新たな「氏」を届け出なかった場合には「姓」がそのまま「氏」になることとなった。

5.「創氏」をした後も「姓」そのものは戸籍上残った。

6.「改名」に関しては日本風の「氏」に合わせて変更するもの意外は、裁判所による許可制となっており、手数料も取られた。

以上の内容から分かるとおり、創氏改名とは通常言われるような単純な朝鮮名→日本名の強制というわけではない。むしろ、強制されたのはそれまで朝鮮に存在しなかった「氏」という概念の強制である。しかしそれとても、いきなり完全に「姓」を捨てることを強制したわけではなく、むしろ両方の概念が並び立つような状況が生まれたというべきである。また、この時に日本名を届け出た者は、朝鮮総督府内の人口の約八割だったという。

このように法律上の強制が行われていないのは明らかだが、一部には「実際上の」強制があった、という意見もあるので以下に紹介する。

まず学校教育の果たした役割が考えられる。創氏をしない家の子供は学校に入れない(朝鮮に義務教育は施行されていなかった)とか、子供が学校で教師ににらまれるといったことが現実にあった。日本への渡航許可を出さないとか、生業のための許認可を出さないということもあった。しかし、最大の理由として、当時朝鮮も日本もすでに戦時体制下にあったことを忘れてはならない。米英との開戦は12月のことだが、中国との戦争はすでに本格化していた。日本にとって、あの戦争は、どこよりもまず中国との戦争であったことを忘れてはならない。

戦時中、日本には「隣組」というものがあった。その相互監視体制のもとで、不自由な思いをした日本人は少なくないはずである。38年の国家総動員法の成立を受け、朝鮮でも国民精神総動員朝鮮聯盟(略称「精動」)が成立し、日本の隣組にあたる「愛国班」(約十戸が標準)が朝鮮の津々浦々に設けられるようになった。「精動」の機関紙『総動員』に紹介された忠清南道のある「模範的な」愛国班の日常はつぎのようなものだという。

戸数十戸家族員数四十名の中、幼児を除き三十一名は毎朝団体的に宮城遥拝を励行し、皇国臣民の誓詞を高らかに朗誦してから、その日の仕事をはじめる。さらにこの班の申合事項としては、夫は勤労貯蓄、妻は節米貯蓄をすること。毎月の愛国日(毎月一日は興亜奉公日=愛国日と制定された)行事の後はさらに墓参も行うこと、さらに男子は奇数日、女子は偶数日に交互に夜学会に行くこと……。

つまり、植民地朝鮮では、国家への忠誠を「内地」以上にはっきりと示すことが要求されていたのである。このような愛国班が40年春には、朝鮮全土で約40万つくられ、班員は400万人に及んだ。班員とは世帯主のことなので、ほぼ全部の朝鮮人が「精動」に組織されたことになる。創氏届を出せという圧力は、多くこの愛国班を通じて行われた。にらまれたら何をされるか分からないという恐怖感が、雪崩を打って創氏届へと人々を走らせたといってよい。

(↑http://homepage1.nifty.com/forty-sixer/sousikaimei.htm)

はじめの方に「創氏をしない家の子供は・・・」といったことが書いてあるが、創氏そのものは無条件に行われたのであって、この記述は間違いである。それを割り引いても、こんな書き方をすれば明らかに事実上の強制があったというとり方をするだろうが、「らまれたら何をされるかわからないという恐怖感」というのは非常に立証困難なものだし、「先生ににらまれる」というのも、実際に教師による暴力行為があったなどの証拠でも出てこない限り同様である。

「日本への渡航許可が出なかった」というのも、本当に改名との因果関係があったのかどうか疑わしい。というのは当時日本には朝鮮併合を機に、たくさんの朝鮮人が流入し、それに伴う犯罪の増加が深刻な問題となっていたからだ。現に朝鮮名の朝鮮人でも日本の大学へ行き、中将にまで上り詰めた人もいるし、これはかなり疑わしい。余談だが、もしこれが本当ならよく言われる強制連行の事実も疑わしく聞こえないだろうか?

「生業のための許認可が・・・」というのも、同様にまゆつば物である。株式会社を作ることに関しては確かに制限が加えられていたが、それはこの政令が出る前から存在していたものであり、この件とは無関係だし、当時の朝鮮人の犯罪率が高かったことなども考慮に入れるべきである。それどころか、上記記事の著者は、以下のようにも書いている。

在日一世の中には、創氏改名の思い出を聞かれて、「しかたないと思った」、あるいは「何とも思わなかった」と答える人もある。

こういった考えがどれだけの割合に達してたのかは不明だが、「創氏改名は朝鮮人の要望によって実現した」という朝鮮人の証言があるので以下に紹介しよう。

当時、朝鮮人側から改名への要望がかなりあったことは事実であった。要望は主に満州に移住した朝鮮人から出されたもので、朝鮮が歴史的に中国の属国の位置にあったことから、中国人から朝鮮人が不当な扱いを受けることが多く、「我々も日本国籍をもつ以上日本名を名乗らせて欲しい」という要請が、総督府にたびたび寄せられていたのである。(呉善花)

(↑http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/sousikaimei1.html

強制か、要望か、一体どちらが正しいのかは不明だが、どちらにせよ物的証拠はなく、少なくとも法の上での強制が存在しなかったことだけは明らかで、反対にこれといった暴動が起きているという記録もない。また、80%以上の改名というのは現代の視点からすれば異常なようにも映るが、もし仮にこれが日本人による「見えない」強制によるものだったとしても、それに対する朝鮮人側の抵抗というものは一切見られない以上、当時の朝鮮人たちにとって、それは「命をかけてでも守るほど重要な自分たちの文化」というほどのものでもなかったことが分かる。

これらの考察を通して明らかになったのは、現在の視点と過去の視点とを区別して考えることの重要性ではないだろうか?確かに現在では、朝鮮民族は北と南に別れてるとはいえ、独自の民族意識を明確に持っている。しかし、1940年の当時においてはどうだったか?少なくとも、現在残ってる証拠からは、彼らが今ほど強い民族意識を持っていたとは言えないと思われる。つまり、少々どぎつい言い方を許されるのであれば、当時の日本支配下の朝鮮民族において、事実として8割以上の住民が日本名を持つに至ったのは、彼らの民族意識が低すぎた結果であり、それを全て日本の責任とするのはおかどちがいだということである。民族の独立というものは与えられるものではなく、自らの力で勝ち取るものである。むしろ彼らがやらなければならないのは、一方的な日本批判ではなく、自民族がなぜ一つの抵抗もしなかったのか?ということに対する反省である。そして、それは決して恥ずべきことではなく、むしろ朝鮮民族そのものの利益になることは明らかである。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月13日 (月)

それでも謝ってしまう日本

その筆頭は日本の陸軍士官学校を出て、めざましい働きをした軍人たちである。まず陸軍中将まで栄進した洪思翊。日本人部隊を率いて抜群の勲功を立て、軍人として最高の名誉の金鵄勲章を授与された金錫源・陸軍大佐。戦後、大統領となった朴正熙は、陸軍士官学校を出て、終戦時は満州国軍中尉だった。

こうした人々の活躍に刺激されて、昭和18年には6千3百人の志願兵募集に対して、実に30万人以上の青年が応募し、倍率は48倍にも達した。血書による嘆願も数百人にのぼり、希望が入れられずに自殺までした青年も現れて、総督府を困惑させた。大東亜戦争に軍人・軍属として出征した朝鮮青年は合計24万人にのぼり、そのうち2万1千余人が戦死して靖国神社に祀られている。

http://www2s.biglobe.ne.jp/%7Enippon/jogbd_h13/jog190.html

朝鮮人の対日批判の中には、「日本人は朝鮮人を無理やり連行して戦場で戦わせた」などというものがあり、これを多くの日本人も信じています。これももう過ぎ去った過去のことなので、おそらく真実は永遠に分からないことでしょう(無理やりだったかどうか、というような過去の人間の主観に関係するようなことは本来証明するのが非常に難しい)。しかし「朝鮮人志願兵の倍率が48倍」というこの数字を見て、とても日本が強制連行などをしたとは思えません。仮に強制連行があったとしても、朝鮮人にも選挙権はあったわけで、日本本国でも「赤紙」「学徒出陣」などの形で「強制連行」が行われてた中で、それが果たして日本の朝鮮人に対する「不当な」扱いだったのかどうか、おおいに疑問(ていうかただのヘタレ?)だと思います。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月11日 (土)

危険水域の日本~特定アジアに対する甘い考えは捨てろ!~

http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

↑これは南北朝鮮や中国の反日政策が何を目的としていて、それが日本にどのような影響を及ぼしていて、その結果どのような危険性を日本が抱えているのかを告発したサイトです。

私自身、確かに中国や韓国の反日感情には多少度が過ぎてる部分があるのを感じていて、テレビで日の丸が燃やされる映像が流れたりするたびに「なんで?」と首をかしげていましたが、このサイトを見てそれらの全てがよく理解できました。

もしこのサイトの主張が全て事実だとすれば、大変なことです。南北朝鮮及び中国は様々なアンダーグラウンドな方法で、政治、教育、メディアに隠然たる発言権を持っていることになり、その結果現実に日本は彼らの食い物にされており、日本は拉致国家北朝鮮の支援国家であり、在日韓国・朝鮮人は日本国内の特権的少数民族であり、やがて彼らは日本の文化、経済、政治等全てを乗っ取ろうと画策していることになるからです。

おそらく↑こんなことは誰も信じたくないでしょう。日本人としてあんまりよその民族のこと悪く言いたくないし。だけど「お互いを尊重しあって・・・」ていうのは、日本人が相手を尊重するだけでなく、相手も日本人を尊重してくれてはじめて成り立つものじゃないですか。2002年の日韓共催W杯だって、日本ではこれを期に日韓の友好関係が取り戻せる、と期待され、その後韓流ブームも起き・・・という状況だったのに、当の韓国はこの有様だし・・・↓

http://tokyo.cool.ne.jp/damedakorea/

↑Fuck you Japan・・・

とにかく私たちは認識を改める必要があると思います。少なくとも、もっと危機感を持たなければならないと思います。彼らは戦争など起こさなくても、日本を手に入れる方法を知っています。日本は日本人のものであって、断じて朝鮮人や中国人のものではありません。

こんなことを言うと多分私は「右翼だ!」と非難されるでしょう。でもそれは違います。愛国心は尊いものですし、必要なことです。それを学校で教えない、君が代も歌わせない、ということのほうが変なのです。

いまだに韓流に浮かれてるオバちゃんたち、「人権」の美名の元に、知らないうちに売国奴になりさがってる左翼の人たちをはじめ、できるだけ多くの日本人に現実を知ってもらいたい。そしてできるだけたくさんこの情報を広めてもらいたい。

2006年3月10日 (金)

久保の腰痛

持病の腰痛が再発した横浜Mの日本代表FW久保竜彦(29)が9日、横浜市内でのクラブの全体練習に合流した。今回は重症に至らずにすみそうだが、今後は再発を未然に防ぐためクラブで全面バックアップを約束。久保が周囲に守られながら1試合1試合を全力で突き進む。

 再発阻止へ、チーム一丸となってドラゴンを守る。腰痛が心配された久保は練習を1日休んだだけで復帰し、何とかフルメニューも消化した。11日の鹿島戦(カシマ)については「まあ、あしたやってみてから」と明言は避けた。

 とりあえず長期離脱は回避できたが、楽観もできない。今回は検査を受けずに済んだが、久保自身も「違和感みたいなものはある」と予断を許さない状況は続く。最悪の事態になることを避けるため、クラブが約束したのが久保に対しての全面バックアップだ。

 岡田監督は「無理させるつもりはない。最後まで様子を見る」と強行出場させない方針を表明。クラブ関係者も「今後は練習を部分合流にすることもある」と休養を挟むケースも示唆した。04年の腰痛発症時は、万全の状態で実戦復帰できるまでに1年以上を要しただけに、同じ轍を踏むことだけは許されない。

 ドイツW杯まで続くJリーグと日本代表の過密日程。久保が抱える“爆弾”を刺激しない日々がまた始まる。 (サンケイスポーツ)

「お前は身体にいいものを食え。俺はうまいものを食う」なんていってるからこんなことになるんじゃないでしょうか?久保選手には本当に期待しているだけに、腰痛だけが残念でなりません。

久保選手のプレイを見ていると、確かにフィニッシュの精度は高いものの、やっぱり運動量の少なさが目立ちます。インドとかフィンランドとかの弱いチーム相手には得点できても、ボスニアとかアメリカとか強い相手になると得点できなくなるのはやっぱり運動量の少なさが関係しているんじゃないかと思います。

2月の4試合に関しては体調がベストではなかったという見方もあるかもしれませんが、この状態がよい方向に向かわずに、停滞あるいは悪化するとすれば、「本当に久保をチームの核として使い続けるべきなのか」という疑問は当然でてくると思います。

いくら才能があるとはいえ、このような爆弾を抱えた選手を本番でも使い続けることは、一種の博打といってもいいのではないでしょうか?

それよりも、平山という選択肢を取ることはできないのでしょうか?なぜ平山を使わないのか?なぜリスキーな久保を使い続ける必要があるのか?ジーコの采配には、やはり分からない部分が多いです。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 9日 (木)

ジーコジャパンをドラゴンボール風に表現してみました

ジーコ:きけ・・・やつらは攻撃に移るわずかな一瞬にスキがある・・・そのときをねらうぞ・・・

ヒディング:いい作戦だ。健闘を祈るぞ。

ジーコ:・・・・・・・・・・・・

ヒディング:よそ見してていいのか?チャンスをうしなうぞ

ジーコ:余裕だな・・・しかしそうやってまぬけ面で笑っていられるのもヒラヤマが来るまでだ。

ヒディング:ほう・・・なにものだそいつは・・・とっておきなのか?

****************

長谷部:4年間・・・4年間もなにしてろっていうんだ!!これまでずーっと召集さえされなかったからオレはカラダがウズウズしてるんだぜ!!バカバカしい!!オレは今代表になるんだ!!!

ジーコ:ハセベ!!!!!オレのいうことがきけんのかーーーーーっ!!!!!

長谷部:す・・・・・・すまねえ・・・・・つ・・・ついちょうしにのっちまって・・・・

************

鈴木:オレたちがやつに勝てる可能性がたったひとつだけある・・・・・・もちろんうまくいけば・・・・の話だがな・・・・・・。いいかまず・・・柳沢だったな・・・・・・・・おまえがやつの注意をめいっぱいひくようにしかける・・・・・・。そしてオレがスキをみつけてファウルギリギリの殺人スライディングをしかける・・・・・・・。

柳沢:そ・・・そうか・・・・!

鈴木:負傷して動けなくなったところを・・・・・・ミツオすべての力をふりしぼってシュートしろ!いいな・・・・・・

小笠原:は・・・はい・・・!!こ・・・こんどはもうミスったりしないから。だ・・・だいじょうぶ・・・!

鈴木:あたりまえだ・・・!日本代表の運命はきさまの一発にかかっているとおもえ・・・

****************

松井クロアティアディフェンスをごぼう抜き

クロアティアディフェンス1:う・・・・うぐっ・・・!!!い・・・いつのまにう・・・うしろへ・・・?!

クロアティアディフェンス2:き・・・きさまぁ~~~~~~・・・・・・!!!

松井:いばってたわりにはたいしたことねえな

クロアティアディフェンス:な・・・なんだとぉ~~~~・・・!!!!!

福西:ど・・・どうやったんだ・・・?いま・・・・・・

クロアティアディフェンス:オレたちがたいしたことないだと・・・・・・!!!!

松井:そうだ。いまの守りでわかった

長谷部:み・・・みえましたか・・・・・・・?松井さんのうごき・・・

福西:い・・・いや・・・・

*************

ロナウジーニョ:くっくっくっ・・・・・・喜ぶがいい。きさまらのような弱小国がわれわれブラジルと遊んでもらえるんだからな・・・・・

ブラジル人は物心がつくとすぐプロテストを受け、才能のあるものはさらに鍛えられ、ヨーロッパのリーグなどに送り込まれる。才能のないクズ野郎がきさまのようにレベルの低い国に送り込まれるのだ・・・

三都主:そのおかげでオラはこうやってW杯にも出れたんだ。感謝しなきゃな。それによ・・・落ちこぼれだって必死で努力すりゃエリートを超えることがあるかもよ

ロナウジーニョ:くっくっくっ・・・おもしろいじょうだんだ・・・では努力だけではどうやっても超えられぬ壁をみせてやろう・・・・・・

********************

ジーコ:く・・・久保よ。こ・・・こんどばかりはあ・・・あいてがわるい・・・と・・・いうより最悪のやつだ・・・・・・とてもてにおえるあいてではない・・・ぜ・・・ぜったい攻撃するんじゃないぞ・・・

久保:・・・え・・・?な なんだよ それ・・・・・・

ジーコ:きけ久保!!これは日本代表監督の命令だ!!ヤツらには攻撃するな!!試合開始と同時に守りをかためるんだ!!おまえのためだけにいっておるのではないぞ!!日本代表や日本サッカー協会、勝利を期待しているサポーターたち全員のためにいっておるのだ・・・!!中途半端な攻撃を仕掛けてヤツらを本気にさせればとんでもないカウンターがまっているぞ・・・・・・!!あいつらだけは放っておくしかないのだ・・・!

久保:そ そんなにすげえやつなのか・・・?・・・・・・ちょっと本気でやってみてえな・・・・・・・

ジーコ:絶対に攻撃するんじゃないぞ わかったか!!!!

小笠原:久保 意地でもそいつらを本気にさせろ オレたちでそのなんとかっていうふざけたヤローをぶっとばしてやろうぜ

ジーコ:バッバカいうんじゃないっ!!おまえたちはブラジルのことをまったく知らんから・・・!!

小笠原;時間がないんだ はやく代表メンバーを決めてくれ

ジーコ;攻撃するつもりなら代表に入れんぞ・・・!約束しろ! ヤツら相手には守備がために専念すると!

小笠原;わかった・・・・・・・

ジーコ:ホ・・・ホントだな・・・・・・よ・・・よ~し・・・信用するぞ・・・・・・

小笠原;(くっくっくっ このオレがそんなつまらん約束を守るわけはないだろう・・・・・・)

******************

パレイラ:に 日本がクロアティアに勝っただと・・・・・・?!

ジーコ;くっくっくっ・・・・・・あっさりとな・・・・・・

パレイラ:し・・・しんじられんな・・・

ジーコ:やってみりゃわかるさ おもいしるだろうぜ 日本の強さを

パレイラ:ジーコ・・・きさまなぜブラジルにさからおうとする・・・・・・

ジーコ:カンタンなことだ・・・オレはあのブラジル国民ってのが前から気に入らなかったんだ。伝説の英雄は強いチームが常勝するのが大キライでね・・・・・・これまではブラジル国民の期待にねじふせられてやむをえずいうなりになっていたが、ひょんなことから日本という弱小チームの監督に就任することができた。

パレイラ:鹿島アントラーズのことだな・・・・・・

ジーコ:ブラジルなんかに優勝をくれてやってたまるか・・・!!オレが日本代表監督に就任したからにはW杯に優勝するチャンスは必ずある!!

パレイラ:おろかな・・・・・・!きさまが代表監督に就任しただけで日本がブラジルに勝てるとおもうか!!

ジーコ:くっくっくっ・・・コンフェデ以来直接対決の機会がなくて残念だったな 日本は多くの実戦であんたの想像以上にパワーをあげたんだ

パレイラ:くっくっくっ・・・きさまの方こそわかっていない・・・・・・ブラジルの実力はそんな次元すらはるかに超越している・・・・・・

ジーコ:くだらねえデタラメをぬかしやがって・・・!!おしゃべりはもうおしまいだ!!クラニツァールにきいたぞ!ブラジルは日本をおそれていると!その日本パワーをたったいまみせつけてやる!!!

パレイラ:うぬぼれやがって・・・・・・!われわれがおそれたのは個が力をつけた日本だ!きさまの強運だけではなにもできまい!

ジーコ:さあ、どうかな・・・?

********************

大黒:ち・・・・・・ちくしょーーーー・・・・・・・・・・・・・!!!ちくしょおおお~~~~~っ!!!!!こ・・・このオレがなんという屈辱だ・・・・・・!!この大黒様が~~~!!!あ・・・あ・・・あんなヤツに・・・あんなノーゴーラー柳沢なんかにスタメンを取られるとは・・・!!し・・・信じられん・・・こんなことが・・・!!あ・・・あるはずがないと思っていた悪夢が・・・・・・!!お・・・オレは・・・オレは大黒だぞ~~~~~!!・・・

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

【痴漢冤罪】女の横暴に天誅を!

電車の中で女子高校生の体を触ったとして、一審で有罪判決を受けた男性に対し、東京高裁は8日、逆転無罪を言い渡した。

都内に住む会社員の44歳の男性は去年、西武新宿線の車内で女子高校生の体を触ったとして、有罪判決を受けていた。これに対し、東京高裁は8日、「被害者の供述は、被害の事実と男性とを結びつける合理性に欠けている」として、男性に逆転無罪を言い渡した。

東京高裁は、判決で「男性と被害者の言い分を冷静に吟味していれば、起訴されなかった事案ではないか」と、捜査のあり方を批判した。

男性は、「無罪判決が出て、本当にうれしいです。警察がちゃんと捜査してくれていれば、こういうことにはならなかった」と述べている。

--------------

前々から思ってたんですけど、もう「男尊女卑」というのは完全に過去の話で、今は「女尊男卑」なんですね。

女はいいですよね。とりあえず訴えてみて、もしそれが間違えでも何のお咎めもないんですから。だけど訴えられた男の側はたまったもんじゃないですよ。裁判で判決が出るまでは何年もかかるし、その間会社でずっと疑惑の目で見られてるわけでしょ。会社での人間関係がおかしくなる可能性もあるし、地位のある人だったら社会的、経済的損害を受ける可能性もあるわけですよね。

それに対して女性は何の損害賠償もしないなんていうバカな話があっていいわけはありません。もちろん、男の側が名誉毀損ということで逆に起訴するという手もありますが、そんな手続きを取るまでもなく、訴えた女の側もちゃんと責任を取るというのは、極めて自明で当たり前のことだと思います。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 8日 (水)

ネコネタ

ヘンなネコの映像集めてみました。まずは”Talking Cat”=「話す猫」です。

http://www.youtube.com/watch?v=GVzJj9Bio5g&search=cat%20freak

(・_・;。o0(合成かどうかの判断はお任せします。

次は”Watching Funny Cat”=「どっちがヘンやねん!」

http://www.youtube.com/watch?v=xcyNBPKF3EA&search=cat%20freak

(・_・;。o0(ある意味頭のいいネコなのかもしんないっす!

次は”Begging Cat”=「ものねだるネコ」

http://www.youtube.com/watch?v=lY6M0DHuha0&search=cat%20freak

(・_・;。o0(かわいそうだからなんかやれよ!

食いものほしがるネコもいれば与えたがる人間もいる。次は、”Japanese Cat Feeder - Freak Cat”=「餌付けする日本人とバカネコ」

http://www.youtube.com/watch?v=G8JGKKYEDbE&search=cat%20freak

(・_・;。o0(日本が誤解される・・・

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 7日 (火)

スズキ、GMが保有するスズキ株20%のうち17%を売却することでGMと合意したと発表

スズキはインドでなにげにアドヴァンテージがありますからね、意外にこれから伸びるかもしれないです。

GMはこの前もスバル(富士重工)株をトヨタに売却しちゃったし、いまは我慢の時期ですね。

日本の自動車産業は、バブル後に小さいところは全部外資に買い叩かれて、今はトヨタの系列とホンダの系列以外は全部外資という状況ですけれど、だいぶバブル後の過小評価が是正されてきたことの、一つの表れのようにも思います。

それにしても、このスズキの社長さん、なんかいいな~~^^。なんか中小企業の町工場のオヤジが、そのまんまエラくなっちゃったってかんじで、自分的にはこういう人好きですね。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 6日 (月)

ヨーロッパで大雪!

ヨーロッパでこの時期に大雪!

Japanbosnia

ジーコジャパンも雪で苦しんだ。雪のせいでろくすっぽ調整ができなかったからだ。ジーコも中村もそれぞれこういう。

「台風、地震、大雨、停電があり、最後は雪だ」(ジーコ)

「ぶっつけ本番みたいだが、今までやっているから大丈夫だと思う」(中村)

だが、関係者は「この時期に雪が降るなんてめずらしい」という。

それを聞いて「ジーコはついてないなあ」なんて思っているところへ今度は大雪。

多分これはもう、ついてないからどうのこうのという次元の話ではないと思う。明らかに環境異変だ。(かなり長い映像ですが、気候温暖化と環境異変、京都議定書について詳しく知りたい人はこちらをどうぞ→「1207asaoka_300.asx」をダウンロード

2/27の記事でも書いたが、我々一人ひとりが、もっと環境のことを考えて生活する必要性を感じる。

そのうち日本でジャポニカ米が育たなくなる―つまり輸入しないと米が食えなくなる―そんな世の中が本当にやってきそうでこわい。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 5日 (日)

【J1開幕】柳沢やった!久保も負けるな!

 Jリーグ1部(J1)第1節最終日(5日・静岡スタジアムほか=8試合)昨季3位の鹿島は復帰した柳沢がハットトリックを達成し、広島に4―3で競り勝った。同4位の千葉は2―4で大宮に、同5位のC大阪は2―3で名古屋に敗れた。C大阪は連続無敗がJ1タイ記録の16試合で止まった。

 横浜Mは久保の2得点などで昨季2部(J2)優勝の京都に4―1で快勝。J2から昇格した福岡は磐田と引き分け、甲府は清水に敗れた。川崎は我那覇の3ゴールなどで新潟に圧勝、FC東京も白星発進した。

(↑http://sports.nikkei.co.jp/soccer/topics/index.cfm?i=2006030504222t1

ほんともう、なんていうか、涙を禁じえないですよ。ほんと、柳沢、がんばったよ。ノーゴーラーだのDFW(ディフェンシブフォワード)だのいわれながら、やっぱ柳沢はすごいんだよ!確かにセリエAじゃあ万年控えで、ずっとノーゴールで、「こんなのが代表に選ばれてていいのか」とかなんとかいろいろ言われてたけど、やっぱりそれだけセリエAってのはレベルが違ったってことだよ、きっと。Jリーグではきっとこのまんまダントツで得点王になるんだと思う!そしてJで実践積んで、得点感覚を身につけて、W杯でも日本を決勝リーグに導いてくれるよ!間違いない!柳沢はやってくれる!

久保もまだ病み上がりだけど2得点は立派!久保はジーコから一番期待されてるFWだから、もっともっとがんばってほしいね。目指せ100得点!!

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

【W杯】ブラジルの優勝はありえない

早くもW杯の優勝予想。^^やっぱり一般論としては史上最強のカナリア軍団、ブラジルがあがってきてしまうみたいですが、W杯は決して実力だけでは勝てません。ブラジルファンの方には申し訳ないですが、今回のワールドカップでブラジルが優勝する確率はかなり低いと思います。まずは過去の優勝国のデータを見てみましょう。

開催地 優勝国 決勝スコア 準優勝国
1 1930 ウルグアイ ウルグアイ 4-2 アルゼンチン
2 1934 イタリア イタリア 2-1 チェコスロバキア
3 1938 フランス イタリア 4-2 ハンガリー
4 1950 ブラジル ウルグアイ 2-1 ブラジル
5 1954 スイス 西ドイツ 3-2 ハンガリー
6 1958 スウェーデン ブラジル 5-2 スウェーデン
7 1962 チリ ブラジル 3-1 チェコスロバキア
8 1966 イングランド イングランド 4-2 西ドイツ
9 1970 メキシコ ブラジル 4-1 イタリア
10 1974 西ドイツ 西ドイツ 2-1 オランダ
11 1978 アルゼンチン アルゼンチン 3-1 オランダ
12 1982 スペイン イタリア 3-1 西ドイツ
13 1986 メキシコ アルゼンチン 3-2 西ドイツ
14 1990 イタリア 西ドイツ 1-0 アルゼンチン
15 1994 米国 ブラジル 0-0(PK3-2) イタリア

16

1998 フランス フランス 3-0

ブラジル

プラス、日韓大会の時は優勝=ブラジル、準優勝=ドイツ

これをまとめると、

開催国優勝率=約35%
開催国決勝率=約47%
ヨーロッパ開催時ヨーロッパ優勝率=89%
非ヨーロッパ開催時南米優勝率=100%

となります。

気候の違いの関係か、審判のひいきとかがあるのか、なぜか知りませんがヨーロッパで開催したときはヨーロッパが勝ちやすい、ということがわかります。だからこの傾向が今回も続くとすれば、89%の確率でヨーロッパのどこかの国が優勝するのです。これを打ち破るのはいかにブラジルといえどもかなり難しいんじゃないでしょうか?

ただし、今回はドイツがあまり強くないという評判があります(この前のイタリア戦も負けちゃったし)。そうするとドイツ以外で地の利を生かせるのはドイツの周辺国。すなわちオランダ、フランス、スイス、イタリア、チェコ、ポーランドの中のどこか。イタリアかオランダあたりがくるのかな?個人的にはオランダ応援したいな。オランダにしとこ^^

ちなみに過去のW杯優勝国と優勝回数は

【南米】=9回

ブラジル=5回 アルゼンチン=2回 ウルグアイ=2回

【欧州】=8回

ドイツ=3回 イタリア=3回 イングランド=1回 フランス=1回

ウルグアイは昔は強かったのに、落ちぶれてしまいましたね。オーストラリアにさえ負けてしまうとは・・・

イタリアも最近は優勝から遠ざかっちゃってますが、やっぱり今年こそは!って気合入れてきそうですね。特に90年には自国開催にもかかわらずドイツに優勝持っていかれちゃってますから、今回はその雪辱を果たしてほしいです。

イングランドはサッカー発祥の地なのに今まで1回しか優勝がないなんて・・・なんかかわいそうです。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

【小泉・武部・自民党】ご機嫌です~

Bs200603041701_01koizumismile_1

「bs200603041701_300.koizumi.ram」をダウンロード

自民党超いい気になってます。小泉さんの笑顔がすがすがしいですね。もう向かうところ敵なし!そういう楽勝ムードです。

ところで、例の「4点セット」はどこに行ったのでしょうか?予想どうりこのままうやむやになっちゃうのでしょうか?このどさくさにまぎれて、勝手に予算案も通っちゃいましたね。小泉さん、あんたやっぱスゲーよ。ピンチをチャンスに変えるそのパワー。一体どこから出てくるんだか?

【ソフトバンク】どこにそんな金あるの?

Softbank president Masayoshi Son

 ソフトバンクは四日、携帯電話世界最大手の英ボーダフォンから日本法人の事業を買収する交渉を進めていることを明らかにした。売却価格は一兆五千億円-二兆円に達するとみられている。英ボーダフォンはすでに「売却交渉を進めている」との声明を発表しており、合意に至れば固定通信と移動体通信の両サービスを持つ、NTTグループ、KDDIに次ぐ、総合通信企業が誕生する。
 ボーダフォンは、固定通信事業者の日本テレコム傘下だった旧J-フォンが母体。平成十三年に英ボーダフォンが日本テレコムを買収したのに伴ってボーダフォングループ入りした。日本テレコムは十五年に米投資会社リップルウッドに売却され、ソフトバンクが三千四百億円で買収して傘下に収めた。
 ボーダフォンの契約者数は一月時点で千五百十三万件だが、第三世代(3G)携帯電話サービスでの遅れや端末種類の少なさなどが原因となり、首位のNTTドコモ、KDDIには大きく引き離され、経営立て直しが急務となっていた。
 しかし、日本の携帯業界は十二年ぶりに新規参入が認められたうえ、十一月からは事業者を変えても電話番号を変えなくてもすむ番号ポータビリティー制度が導入されるために、競争激化は必至で収益性はますます厳しくなるとみられている。このため、英ボーダフォンは中東やアフリカなどに経営資源を集中するほうが得策との判断に至ったとみられている。(産経新聞)

---------------------------

相変わらずスケールでかいです、孫さん。あんまりやりすぎてホリえもんみたいにならないでね。毎期毎期赤字垂れ流してるのにどこに何兆円もの金があるんですか?KDDIとNTTも手ごわいですよ。ホントに帳尻あうんですか?

--------------------------

今まで自由化というのは無条件で国内企業の保護という観念と対立すると考えられてきました。でも必ずしもそうでない場合もある、ということがこの例で示されたと思います。今回の構図は、強い国内企業との競争→採算厳しくなる→自由化→更なる競争激化→更なる採算悪化の懸念→日本市場撤退、というかんじになると思います。つまり、競争力のある業界はどんなに自由化しても痛くもかゆくもないんです。だからあまりにステレオタイプに「自由化は国内産業を潰す!」と考えるのは無意味だということだと思います。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 4日 (土)

韓国 8歳の少年が大学入学

去年10月、韓国・ソウルの仁荷大学に合格した宋幽根くん(8)が2日、約10歳年上の学生と肩を並べて入学式に出席した。

 宋くんは「“超ひも理論”を勉強して、空を飛ぶ自動車を作りたい」と話している。自然科学を専攻し、母親と大学の寄宿舎で暮らすが、母親は「初めてのことで、実はとても心配している」と話している。(ANN)

---------------------------

すごいですねーーー。こんなの日本じゃ100%ありえないですね。超ひも理論なんてオレだってちんぷんかんぷんですよ。なんかワインバーグ(?)だっけ?そんなのそういえばあったよな、ってくらいですよ。

でもうらやましいですね。韓国は。こうやって天才がどんどん上いけるんだから。日本にだって、絶対いるよ、こういう人。毎日教室で寝ててもオール5取っちゃうようなヤツ。そういうの見るともったいないな、ってホント思うから。

ところで、空飛ぶ自動車って、飛行機とどこがどう違うんだ?やっぱり天才の考えることはわかりません。

なんで~???【駒大苫小牧、センバツ出場を辞退】

 夏の甲子園で連覇した北海道の駒大苫小牧高校は、野球部員らが飲酒などで補導された不祥事を受けて、春のセンバツ高校野球への出場を辞退することを発表しました。

 「残念ではありますが、校長として春のセンバツの出場を辞退したい。このような不祥事を起こしたことを心よりおわび申し上げたい」(駒大苫小牧高校 篠原勝昌 校長)

 篠原勝昌校長は記者会見で、春のセンバツへの出場を辞退するとともに、校長を辞職、佐々木宣昭野球部長と香田誉士史監督も辞任を申し出て、受理したことを発表しました。

 今回補導された駒大苫小牧高校の3年生14人は、1日の卒業式を終えた後の夜、苫小牧市内の居酒屋で酒を飲んだり、タバコを吸っていたといいます。その際、甲子園の話をしたり、「きょうで終わりだ」などと騒いでいたため、別の客が部員たちに気づいて警察に通報したということです。

 補導された3年生14人のうち10人が野球部員で、去年夏の甲子園でベンチ入りした部員も5人含まれていました。駒大苫小牧高校では、去年も当時の野球部長が部員に暴力をふるう問題を起こし、警告を受けたばかりでした。

 「誠に残念でございます。センバツを盛り上げる1つの大きな力になると期待が持てた」(日本高校野球連盟 脇村春夫 会長)

 日本高校野球連盟では、6日の臨時運営委員会を経て、補欠高である北海道・栄高校を繰上げ出場させる見通しです。(JNN)

-----------------

卒業証書ももらったし、もう高校生じゃない→だから酒飲んで騒ごうよ!

これのどこがいけないっていうんでしょうか?マジ意味不明です。

そもそも酒もタバコもみんな普通にやってるじゃないですか。

そういう法律があるってんなら、甲子園出場停止とかじゃなくって、その法律とやらに決められた罰則を適応すればいいだけで、なんで関係ない二つの事象を混ぜちゃうのか、理解できません。

別にドーピングやってたってわけじゃないでしょう?逆にタバコとかやったら普通体力落ちるわけで、それでも優勝しちゃうってことの方がすごいと思うんだけど。

大体「警察に通報」って、その状況がどうだったのかすごく知りたいですよね。なんでそこまでするのか、全く理解できないですよ。

多分ワタミとかで飲んでたんでしょう?そんなのがいけないんだったら、昼真っからガングロ茶髪でシャネルのバッグ持ち歩いてる新宿の女子高生なんて全部タイホだな。

それに、もう高校生じゃない人がやったことに対して、高校側が責任を取ってどうのこうのってのもおかしくないですか?

ブログとか見てると賛否両論らしいですけど、大半は「がっかりした」とかってかんじじゃないですか。

思うに、甲子園で優勝したチームというのは星ヒウマなんですね。今の時代あんなのギャグにしかならないと思ってたけど、あれを良しとする人が今でもたくさんいるんですね。

星がタバコ吸ってちゃいけないんですよ。必死で努力して、ストイックに頑張って、なんとか甲子園優勝を勝ち取る。こうでなければいけないわけですね。

決して、楽勝で行っちゃいけないんですよ。甲子園てのは。

別にねたみとかじゃないと思いますけど、要は、みんなの夢を壊すな!ってそういうことなんですね。

ヒウマが酒飲んでるとこなんか、誰も見たくない、ていうことなんでしょうね。

でも、それにしてもなんかアンフェアですよ。もしかして、通報したのは栄高校のやつなんじゃないの?っていう疑惑が成立してもおかしくないし・・・。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 3日 (金)

松本智津夫被告の二男 中学合格後に入学拒否

 オウム真理教元代表の松本智津夫被告の二男が、埼玉県内の私立中学校に合格した後に入学を拒否されていたことが分かりました。

 松本被告の二男は今年1月、私立春日部共栄中学を受験し、合格しました。しかし、先月7日になって、学校側から「松本被告の息子と分かったため、入学を辞退してほしい」と連絡があったということです。学校側は取材に対し、「本人に罪はないが、教団の影響力がまったくないとはいえず、ほかの生徒への影響を考えると、入学を認めるわけにはいかない」と話しています。松本被告をめぐっては、三女が和光大学合格後に入学を拒否された問題で、先月、東京地裁が大学側に賠償を命じる判決を言い渡しています。 (ANN)

--------------------

まあひどい話だとは思いますね。マジ差別っすね。なんでそういう対応取るのかオレ的には全然わからないですね。だって親が麻原だからとかって理由だけで入学キョヒしたら、世の中から逆に非難されるのは分かりきってるじゃないですか。裁判でも負けるだろうし、金も取られるだろうし、そんなもん、最初っからわかりきってますよね。

とりあえず入学させりゃあいいんですよ。で、入ってからカルマがどうのこうのとか、わけのわかんないこと言いだしたら退学にすればいいだけで。

それにしても、松本被告の子供って、みんなどこに住んでるんですかね。春日部は埼玉県、和光大学は神奈川県(or町田?)ですよ。もし郊外に住んでるのならこの組み合わせはまずありえないと思うんですが、都心ですかね?住んでるのは。だったらなんでもっと都心の近いところ行かないんでしょうか?まあ、そんなに頭良くないってことなのかな?そんなら普通におとなしく公立の中学にでも行ってりゃあいいのにね、とは一応思います。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 2日 (木)

日本のサッカーが世界一になる日

Surprise

http://www.youtube.com/watch?v=oXHCeJhwRSs&search=%20japan%20passwork

↑”Japan Amazing Passwork”=「日本の驚異的なパスワーク」

日本のサッカーはしばしば、組織的だというふうにいわれる。なんてことはない、一人ひとりが弱いんで、それを補うためにいろいろ工夫してやってるだけの話だと思うのだが、何はともあれそれがとりあえず成功していることは間違いない。

昔本田宗一郎の言葉で、「発明なんてものは苦しまぎれの知恵」という言葉を読んだことがあるが、これなんかもまさにそれなんじゃないかという気がする。

我々日本人はこういった「繋ぐサッカー」を日常的に見慣れているが、どうやら外国人にとっては驚異的らしい。

ならば日本代表は、このパスワークにさらに磨きをかけていけばいい。そうして、いつの日にかブラジルの「個人サッカー」でも、ヨーロッパの「組織サッカー」でもなく、日本の「パスサッカー」が世界のサッカーのスタンダードになる日が来たら、なんと素晴らしいことかと思う。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

地下鉄公認ライブ、東京でも? 代表団がロンドン見学

 オーディションで選ばれた音楽家らが駅構内で生演奏することを公認しているロンドン地下鉄に学ぼうと、東京地下鉄(本社・東京都台東区)の代表団が1日、ロンドンへ実地見学に訪れた。「お客様に快適な空間を提供したい」(望月智成宣伝課長補佐)との考えから、同様の制度導入に向けて検討を進めている。(asahi.com)

(↑http://www.asahi.com/culture/update/0302/008.html

地下鉄で????音が反響しちゃってアーティスト自身やりにくいだろうし、興味のないお客さんからすればうるさいだけで嫌なんじゃないのかな?

それよりも駅前の演奏を公認してほしいよ。駅前の演奏はアーティストからすれば命がけ。警察、ヤクザ、宝くじ売り場、売店など、敵が山ほどいる。そういうのを鉄道会社各社や各自治体など、なんでもいいから公認してくれればありがたいと思うんだけど。

ロンドンと東京は違うんだからさ、その辺安易な受け売りじゃダメだと思うけどね。

ランキングオンライン

↑ポチっと押してね!!

2006年3月 1日 (水)

【サッカー】奇跡の同点ゴール!

20060228dxkc084428_1

いや~~~。いかにもジーコらしい試合を観ることができました。最後の同点ゴールは本当に感動的でした。結果的には2-2のドローでしたけど、気持ち的には勝ったようなかんじです。

【経過】

前半は両者一歩も引かない五分五分の試合展開。シュート数的にも、多分同じぐらいだったんじゃないかと思います。前半はもうこのまま0-0で折り返すのかと思った終了間際、高原がコーナーからのボールをヘッドで先制。日本1-0リードで前半を折り返します。

後半はボスニアが本気で攻めてきます。米国戦のときのような一方的な展開ではないものの、ボスニア側がやや有利な状態で推移します。そんな中、中沢がペナルティーエリア内でファウルをとられ、このPKを確実に決められ、日本追いつかれます。

その後もボスニアが有利な展開は変わらず、後半22分にはボスニアのスパヒッチに2点目を奪われます。その後も苦しい展開は続き、ロスタイム後にはロングボールが多くなってきます。そんな中、試合終了間際、中村が半ばやけくそ気味に入れたアーリークロスを中田が叩き込み、日本同点に追いつきます。その数秒後に笛が鳴り、辛くもドローで試合終了。

【試合後両監督コメント】

 ジーコ日本代表監督「試合の中で好不調の波が激しかったが、最後まであきらめなかったことが同点ゴールにつながった。選手の状態を確認するのにいい試合だった」

スリシュコビッチ・ボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督「この試合に限って言えば、日本は今日のようなプレーでは(W杯1次リーグの)クロアチア戦は厳しくなる」

【試合後選手コメント】

中田英「結果はそれほど重要ではない。まだまだチームに問題がある。日本の強みはボール回しだが、相手のプレスがかかると問題が起きてしまう」

 中村「前半と後半の(試合内容の)差が大きかった。前半のイメージはよかったが、後半はサイドからやられてしまった」

まるでキャプツバでも観ているような展開でした。私はこの試合スポーツカフェで観ていましたが、最後のゴールシーンは店内総立ちでした。私も思わず立ち上がってうぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!\(` ´)/って言ってしまいました。

審判がドイツ人なので、また去年のウクライナ戦のときみたいな不公平なレフェリーしないかと多少心配でしたが、おおむねフェアなジャッジだったと思います。中澤のペナルティーエリア内でのファウルは、どう見ても相手のシミュレーションにしか見えませんでしたが、それでも日本に有利なジャッジもあったりしたので、アウェイであることも考慮に入れればまあ、しょうがないのかな、と思いました。

なにはともあれ、日本はとにかく格下の相手(FIFAランク 日本18位 ボスニア65位)にとりあえず負けないで、なんとか面目を保ててよかったと思います。

内容的には明らかにボスニアのほうが上手でした。そういった面でいろいろ批判があってもおかしくはないでしょう。しかし、私は日本の最大の強みというのは、技術的にどうのこうのとかではなく、どんなに相手が強くても、どんなに無様な試合をしても、気持ちでゴールを叩き込む!最後まで試合を捨てない!といったところにあると思います。そういった日本のいい部分が見れた今回の試合は、私としてはとても満足しています。

むしろ、今回の試合で反省するべきところは、ジーコジャパンの優秀なスタッフがしっかり分析して、必ずや還元してくれるでしょう!そして6月にはより強くなって、確実に1次リーグを突破してくれると信じています。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31