2006年5月16日 (火)

【サッカー】W杯代表23人発表【ジーコ】

ついに23人が決まりました。代表は次の通り。

▽GK=川口(磐田)楢崎(名古屋)土肥(FC東京)

▽DF=田中(磐田)宮本(G大阪)三都主(浦和)中沢(横浜M)坪井(浦和)加地(G大阪)駒野(広島)

▽MF=福西(磐田)中田英(ボルトン)中村(セルティック)小笠原(鹿島)稲本(ウェストブロミッジ)小野(浦和)遠藤(G大阪)中田浩(バーゼル)

▽FW=柳沢(鹿島)高原(ハンブルガーSV)大黒(グルノーブル)玉田(名古屋)巻(千葉)

http://sports.nikkei.co.jp/soccer/topics/index.cfm?i=2006051504980t1

↓ジーコ会見全文は以下の通りhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200605/at00009082.html

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200605/at00009083.html

個人的にはやっぱり松井に出てほしかったですし、まあジーコ的には無理と分かっていても、平山も出してほしかったですね。

久保は意外でしたが、確かにキリンカップでも結果出ませんでしたし、それに腰だ足首だ、と年がら年中言ってるようじゃしょうがないのかな?という感じです。やっぱり、もう歳なんだし、もうちょっと体のことには気を使わなくちゃね。奥さんから食事のことについて言われて「お前は体にいいものを食え。俺はうまいものを食う。」なんていってるようじゃやっぱダメなのかもな、っていう気もするし。

遠藤出すくらいなら絶対松井の方がいいと思うけど、どうなんだ?玉田はうまいけど点入れらんないんじゃしょうがないし・・・。

でも全体的には予想通り。FWが4人じゃなくて5人だってのは多少意外だったけど、でもジーコを信じて応援しようと思います。

2006年5月15日 (月)

無条件降伏は今も生きている

以前竹島の領有権問題に関して、戦後日本の領土確定の経緯について調べてて感じたのが↓

http://yoshre.cocolog-nifty.com/blog/cat2731053/index.html

やっぱり日本が第一次大戦後無条件降伏したということは本当に大きな意味を持っていたんだ、ということです。

「無条件降伏」ということは、要するに「もう逆らいませんからどうぞ好きなようにしてください」ということです。

つまり、日本はアメリカに併合されても文句一つ言えなかったということです。

そして戦後日本の方向性はほとんどアメリカの都合で決定されたわけで、これも日本が戦争に負けた以上しょうがなかったことだと思うんですが、今改めて考えてみると、本当にものすごいことだったと思うんです。

なにしろこれによって日本は領土をバラバラに分割され、憲法まで変えられて、米軍も駐留しなくちゃいけなくなったんです。

その他にも農地改革とか、財閥解体とか、いろんな社会的変化があって、それによって戦後の日本の社会体制がほぼ方向付けられてしまったわけですから。

今でも、海外に行くと「日本はアメリカの属国だ」とか言う人がいますが、これはあながち見当違いの認識とも言えないのではないかと思います。

今、小泉さんの親米政策とかを批判する人もいるみたいですが、こういう状況を見てしまうと、これも致し方ないことなのでは?と思ってしまいます。

それくらいアメリカは日本に大きな影響力をもっていますし、そもそも日本国内に米軍がいまだに駐留しているという事実一つを見ても、日本がアメリカに決定的に逆らうことなどできないのは明らかです。

つまり、ぶっちゃけ日本が本当に政治的に自立しようと思えば米軍を力で追い出す以外ないわけですが、そんなことは無理に決まってます。

今さしあたって特亜三国という脅威もある中で、アメリカとも事を構えるというのは絶対得策ではないと思います。

そういう意味では、中国や韓国の言う意味不明の「アジアの平和を乱す」とかいう言葉を鵜呑みにするのは、決して正しい認識ではないように思います。

2006年5月14日 (日)

【サッカー日本代表】はあ~( ´Д`)=Эなドロー【スコットランド戦】

なかなか点入んないですね~~~。

あんだけチャンスがあって全く点が入んないってのはかなり問題があるんじゃないんですか??

スコットランドは明らかに引いてきてたし、あれでガンガン攻められてたら負けてたんじゃないでしょうか?

なんかW杯本番もこの調子だと不安ですよね。

2006年5月13日 (土)

【サッカー日本代表】今日スコットランド戦

キリンカップ第2戦・スコットランド戦(13日、埼玉)に臨むサッカー日本代表が11日、さいたま市内のグラウンドで練習を行った。決定力不足に頭を悩ますジーコ監督(53)は、試合2日前としては異例ともいえる約70分間、総数591本のシュート練習を選手に厳命。自らパス出しをし、シュートの極意を怒鳴りながら伝えるなど、まさに怒りの直接指導となった。

神が鬼と化した。半そで、短パン姿のジーコ監督は汗をぬぐうことさえ忘れ、パスを出し続けた。「自信を持て。確信を持て。落ち着いて打て。中途半端な気持ちで打つな。100%決めろ」。シュート練習の70分間、甲高い怒鳴り声での指示はやむことはなかった。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20060512-00000005-spnavi_ot-spo.html

FIFAランクって、本当にあてにならないですよね。FIFAランク的には、日本>ブルガリア>スコットランドのはずなのに、今のところは全く逆の結果になっています。

それにしても、この前のブルガリア戦は本当に決定力のなさを露呈してしまいましたから、ジーコがキレるのも無理はないですよね。今日のスコットランド戦は勝ってほしいです。

http://www.youtube.com/watch?v=c8nWlf12XfE&search=%20japan%20bulgaria

↑スコットランドの得点力はすごいです。日本のヘボゴールなんかとはわけが違います。こんなのに勝てるのかな~~???

2006年5月12日 (金)

武士とは以って非なるもの③

韓国に花郎(ファラン)というのがあって、これが日本の武士の起源だとかなんだとか、韓国の中では言われてるみたいです。

ホントかよ?と思いいろいろと調べてみたんですが、まず第一に、この花郎というやつは武士でも武官でもないみたいなんですよね。詳しくはここの↓サイトを見てもらいたいんですけど、

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/3249/hwarang.html

この花郎が日本に伝わって武士になった、というのは明らかに無理があるんじゃないでしょうか?

って言うかその前に、朝鮮半島では封建制というのはなかったんですよね。武士が存在するためには封建制の存在が不可欠ですから、朝鮮に武士が存在するわけもないわけですよ。

で、この花郎というのは新羅の時代に現れた戦士集団(?)ということなんですが、これがどういう経緯を経て、なぜか朝鮮半島には根付かず、日本に伝わって、日本だけで武士に発展したんでしょうか?その辺に関しては未だ解明されてないんですよ。

2006年5月10日 (水)

【サッカー】ボロ負け【ブルガリア戦】

サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会開幕まであと1カ月となった9日、W杯に臨む日本代表は大阪市の長居陸上競技場で行われた国際親善試合のキリンカップで欧州の古豪ブルガリア代表と対戦し、1―2で敗れた。

もうガッカリするような試合でしたね。

開始一分でいきなり点を取られ、それから1点返すも結局巻き返すことができずにそのまま負け。スコアに現れている以上の実力の差を感じました。

だいたい、ブルガリアは1点取ったらそのまま流してた感じですよね。

で、日本がマグレかなんだか1点返してからは、本気でガーーって攻めてきた。

結局日本は相手がマジで攻めてきたら何もできないってことが分かってしまった。そんな一戦だったと思います。( ´Д`)=Э

それにしても、気になるのは今回のスタメンですよね。具体的には以下のようなんですが↓

GK:

23

川口能活

DF:

5

宮本恒靖(cap)

 

22

中澤佑二

 

2

田中誠

 

8 小笠原満男(後半16分)

MF:

21

加地亮

 

25

村井慎二

 

14 三都主アレサンドロ(前半44分)

 

15

福西崇史

 

18 小野伸二(後半16分)

 

4

遠藤保仁

 

30

阿部勇樹

 

35 長谷部誠(後半38分)

FW:

28

玉田圭司

 

36

巻誠一郎

 

37 佐藤寿人(後半32分)

明らかに普段あまり出場機会のない人を先発で出してますよね。

まあ、ジーコの脳内では最後にいろんな人を試してみたかったんでしょうが、やっぱり勝ってほしかったですね。

久保は腰痛だかなんだかで出場できなかったらしいんですが、この調子じゃ本番も不安ですよね。FWは一体どうなるんだろう?

ケガとかがなければおそらくジーコの脳内でFWは完全に決まってるんですよ。↓

久保 高原 柳沢 大黒

でも久保は腰が不安、柳沢は病み上がり。代わりはいるんだろうか?やっぱ平山しかないんじゃないのか?

2006年5月 9日 (火)

武士とは以って非なるもの②

武士にとっても似てるものとして、騎士ってあるじゃないですか。

あのヨーロッパのカッコイイやつ。

いろんなサイト調べてると、似てるって言う人と、いや、全然違う、という人と、色々いるんですよ。

まあ、どっちも普通の武官とは違うし、そもそも武士の定義が時代によって違うし、単純に「似てる似てない」で片付けられるようなもんじゃないと思うんですよ。

とは言え、地理的にも歴史的にもこの二つがそれぞれ全く独立した似たような状況下で生まれてきたことは間違いないんで、歴史的なつながりがないからと言って、あるいはよく似てるからと言って、むやみに断定的なこと言っちゃいけないんでしょうね。

2006年5月 8日 (月)

武士とは以って非なるもの

武士というのは日本独特の概念ですが、似たようなのは世界中にあります。

武士と似たようなやつで、最も世界中に普遍的に存在していると思われるのは「武官」というやつです。

国に武力は不可欠なものである以上、何らかの武力集団の存在も不可欠。

で、普通はそういうのって国王の直属なんですよね。

ところが武士の場合は全然直属じゃなくて、間接統治なんですよ。

株式会社で例えていうならば、武官はA株式会社のa事業部なんですね。これは完全に直属です。

ところが武士というのはA株式会社のa子会社。子会社だから出資比率とかで支配力の強さも変わってくる。

それに現代の企業でも株主よりも社長の方が権力持っちゃってたりっていうのはよくある話。武士の社会なんかでも、基本的には江戸時代が終わって武士が完全に消滅するまで、武士達は天皇の権威を認め続けます。どんなにそれがお飾りに過ぎなくとも武士達は天皇の権威を完全に否定したことはありません。でも、実質支配してるのはまぎれもなく武士。天皇もそれを分かってて、時代が下るにつれて、あんまりうるさいことは言わなくなります。

なんか話が大分ずれちゃったけど、武官と武士の違いというのは大体こんなところ。要は支配構造が全然違う。

まあ、こうなれば武士が作り上げた道徳観念と、武官の作り上げた道徳観念とで大きな違いが出てくるのも当然ですね。

2006年5月 6日 (土)

農業大国横浜

横浜っていえば港町。これが標準的日本人が持つイメージでしょう。特に地方に住んでる人などは、おそらく横浜市民300万は全員ランドマークタワーに住んでるとでも思っているのでしょう。

でも現実は全然違います。うちなどは確かに横浜の中でも外れの方ですが、近くには畑やら竹薮やらたくさんあります。

で、昨日はその近くの竹薮で竹の子を採ってきました。竹の子採りもなかなか奥が深くて、根元からきれいに採るのは難しいです。だんだんこだわりとかも出てきてしまって、途中で切ってしまうとなんか自分の中で負けたような気になるんですよね。

やっぱり東京よりも、住むんだったら横浜だな、と思いました。

2006年5月 5日 (金)

武士とは?②

地方の長者や富豪の有力農民は貴族と結んで経済的実力を増大させ、武装して国司に対抗するようになった。(中略)10世紀半ばに承平・天慶の乱という内乱が発生した。939年に関東で平将門が各国司を追放し、みずから「新皇」と名のり、独立国家を作る動きを示した。(中略)これら武士層はしだいに武力により貴族の側近として中央でも活躍するようになった。

↑(高校の時使ってた日本史の教科書より)

この記述から分かるように、武士というのは地方の豪族が、武装し、貴族と関係を結び、地方の統治を任された勢力のようです。そして、その中でも天皇家と血縁関係にあった平氏や源氏が最も格の高いものとされたようです。つまり、武士というのは日本の封建制度の産物だということが分かります。封建制度なくして武士は存在しないのです。また、以下の記述からは武士が単なる武装集団ではなかったことが分かります。↓

http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/kyouken/kamakura/syouen/syou-el1.html

だから,武士達は戦争をするだけではなく新しい土地をたがやしたり,水路を作ったりしました.鎌倉時代の武士は大なり小なり農園主だったというわけです.

むろん、武士の中でも上層部は畑仕事なんぞしなかったでしょうが、ペイペイの武士は、普段は畑仕事に精を出し、有事には刀を取って戦う、といったような生活をしていたと考えられます。

これらをまとめると、ざっと以下のようになるでしょうか。

①武士の経済基盤は荘園

②荘園の経済基盤は農業

③武士は武装した地方勢力というのが基本だが、やがて力をつけた者は中央にも進出し、皇室と密に結びついた。

④武士は封建制の下、各々の勢力がかなり独立性の高い生活をしていた。

これを踏まえて、騎士や武官とはどのように違うかについて、次回は考えたいと思います。

«サンフランシスコ平和条約の趣旨

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31